プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

明星食品株式会社

「明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎」2018年10月22日(月) 全国で新発売

2018年(平成30年)10月2日

明星食品株式会社

ゲゲゲの鬼太郎アニメ放映50周年記念!
書下ろし版のオリジナルパッケージ
「明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油 / ねこ娘の旨辛味噌」
2018年10月22日(月) 全国で新発売

 明星食品株式会社(社長:松尾昭英)は、タテ型カップめん「明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油」と「(同)ねこ娘の旨辛味噌」の2品を、2018年10月22日(月)に全国で新発売します。
 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」は、1968年にテレビ放送が始まってから今年で50周年を迎えました。
2018年の4月から始まった今シリーズは豪華声優陣を起用するなど、時代に合わせて変化を続け、今なお幅広く支持されている国民的アニメです。
 この度、テレビアニメ放送50周年を記念して、同じくロングセラーの「明星 チャルメラ」とコラボした記念商品を発売します。
 「明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油」は胡椒の効いたスープに鶏油で仕上げる醤油味、「(同)ねこ娘の旨辛味噌」は香味野菜の効いたキレのある味噌味の2品です。
 パッケージは本商品のために書き下ろされたオリジナルデザインです。この商品でしか見ることができない鬼太郎やねこ娘が描かれ、ファンならずとも楽しめるパッケージです。「明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油」は、チャルメラおじさんの衣装を着用した鬼太郎が、おじさんさながらチャルメラを吹いています。「(同)ねこ娘の旨辛味噌」は、屋台でラーメンを食べている現シリーズのねこ娘と歴代の5人のねこ娘が描かれています。

■ 商品の特長
<明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油>
●めん:しなやかなヌードルタイプの細麺です。
●スープ:ポーク、ビーフ、チキンの旨みにガーリック、醤油、メンマの風味を加えてペッパーで特長を出した、香り高くキレのある醤油スープです。
別添のマー油と鶏油をブレンドした調味油でコクを増します。
●かやく:チャルメラおじさんナルト、鶏肉ダイス、メンマ、ネギを組み合わせました。

<明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 ねこ娘の旨辛味噌>
●めん:しなやかなヌードルタイプの細麺です。
●スープ:ポークエキスをベースに、数種類の味噌やホタテのエキスを合わせ、香味野菜で風味を調えた味噌スープです。
別添の調味油は、ラー油にジンジャーオイル、野菜炒めの風味を加え、コクと辛味を付与しています。
●かやく:チャルメラねこナルト、キャベツ、挽肉、コーン
を組み合わせました。

■ 商品の概要
商  品  名:明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油
内  容  量:68g(めん55g)
JANコード:4902881422949
荷     姿:68g×12入=1ケース

商  品  名:明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 ねこ娘の旨辛味噌
内  容  量:72g(めん55g)
JANコード:4902881422963
荷     姿:72g×12入=1ケース

希望小売価格:180円(税別)
発売日及び発売地区:2018年10月22日(月)に、全国で新発売

明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油
明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 ねこ娘の旨辛味噌
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ