プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

EY、ユニバーサム社の「世界で最も魅力的な企業」ランキング のプロフェッショナルサービス部門で世界第1位

2018/10/2

EY Japan

EY、ユニバーサム社の「世界で最も魅力的な企業」ランキングのプロフェッショナルサービス部門で世界第1位

・3年連続でプロフェッショナルサービス部門の世界第1位を獲得
・ビジネス部門全体でも「世界で最も魅力的な企業」の世界第3位に
・エンジニアリングおよびITを専攻する学生による選択では、順位が24%上昇

EYは、ユニバーサム社の「世界で最も魅力的な企業」という年次調査(※1)において、プロフェッショナルサービス部門では3年連続で第1位を獲得、またビジネス部門全体でも第3位に選ばれました。ユニバーサム社の2018年度のランキングは、世界の上位12の経済大国にあるトップレベルの教育機関において、ビジネス、エンジニアリング、およびITを専攻する、22万8,910人以上の学生を対象にした調査に基づいています。

今年の調査では、EYは米国、カナダ、ロシア、インドの4カ国で、プロフェッショナルサービス部門の第1位となりました。加えて今回は、「世界で最も魅力的な企業トップ50社」で、エンジニアリングおよびITを専攻する学生の間では、順位が49位から37位に上昇し、ランキングは24%向上しました。EYは昨年初めて、エンジニアリングおよびITを専攻する学生による回答で、上位50社にランクインしました。

EYのグローバル会長兼CEO、マーク・ワインバーガーは次のように述べています。
「ビジネス、エンジニアリング、ITを専攻する学生たちから、世界トップクラスのグローバル企業の一つとして認識されていることは、EYのメンバーのためにベスト・イン・クラスの経験を生み出し、彼らがプライベートと仕事の両方で、可能性を最大限に発揮できるようサポートするという私たちのコミットメントが認められているということです。EYは、26万人のEY構成メンバーのために、最高の経験を提供することに注力しています。彼らは、日々、クライアントが新たな課題に取り組む手助けをすると同時に、より良い社会を構築するという私たちの理念を実現しています。私たちは、ユニバーサム社の"世界で最も魅力的な企業”ランキングのプロフェッショナルサービス部門で、3年連続で第1位を獲得し、ビジネス部門全体でも第3位に選ばれたことを、大変光栄に思います。」

EYでは、組織全体で引き続き、先端テクノロジー関連の研修に主眼を置いて、約5億米ドルが研修・学習のために投資され、1,300万時間を超える公式な研修が行われています。また昨年、EYでは、未来の働き方に備えるために、キャリア育成とパフォーマンスのための新たなグローバルモデルであるLEAD、およびEYメンバーが、先端テクノロジー、イノベーション、セクターに関連したスキルを習得できるよう支援するための、「EY バッジ」と呼ばれる資格制度を含む、新しいプログラムを導入しました。現在、15,000件以上のEYバッジ認定のための挑戦が行われており、2,800を超えるEYバッジが認定され授与されています。これまでで最も多くのバッジが授与されたのは、データビジュアライゼーションおよびロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の分野です。

EYのグローバル・バイス・チェアで人材部門のリーダーである トレント・ヘンリーは次のように述べています。
「私たちのビジネスおよびクライアントのビジネスのニーズの変化に対応するために、EYは、人材育成の方法から採用候補者のタイプに至るまで、すべてを一変させようとしています。台頭しているテクノロジーや従業員に向けた新たなプログラムに投資することで、EYのメンバーは、自らのキャリアを成長させるとともに、クライアントが抱える難題解決のサポートをするために必要な、需要の高い専門知識を身につけることができます。私たちは、ユニバーサム社の年次ランキングで再び認められたことを非常に光栄に思っており、世界中のビジネス、エンジニアリング、ITを専攻する学生たちが、EYで得ることのできる素晴らしい経験に価値を見出し続けてくれていることを、心から嬉しく思います。」

EYは、全世界150カ国以上に26万人の構成メンバーを擁し、2018年度の全世界の売上は348億米ドルを記録しました。

※1 https://universumglobal.com/wmae2018/

本プレスリリースは、2018年9月20日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。
英語版プレスリリース: https://www.ey.com/en_gl/news/2018/09/ey-named-top-professional-services-employer-in-annual-report-by-universum

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈About Universum Global〉
Universum is the global leader in employer branding, during our 30 years, we have established ourselves in 60 markets globally and our diverse workforce is physically present in 20 countries. Our services include actionable research, strategic advisory, data-driven communication and social media solutions for talent branding, sourcing, and analytics. A trusted partner to over 1,700 clients, including many Fortune 500 companies, as well as global media partners that publish our annual rankings and trend reports. We work with over 2,000 universities, alumni groups, and professional organizations to gather insights from students and professionals in order to advise employers on how to attract and retain talent that fits their culture and purpose. On an annual basis, Universum surveys over 1,500,000 students and professionals worldwide. Find out more at www.universumglobal.com.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ