プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エクスチュア株式会社

データ活用戦略の推進に特化した専門会社 「株式会社ビーアイシーピー・データ」設立・創業のお知らせ

2018年10月1日

エクスチュア株式会社

データ活用戦略の推進に特化した専門会社
「株式会社ビーアイシーピー・データ」設立・創業のお知らせ

エクスチュア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:原田憲悟、以下エクスチュア)は、株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(東京都渋谷区、代表取締役社長:菅恭一、以下BICP)、株式会社デジタルインテリジェンス(東京都渋谷区、代表取締役:横山隆治、以下DI.)との3社合弁により、顧客中心型マーケティングにおけるデータ活用戦略を推進する専門子会社、株式会社ビーアイシーピー・データを設立、創業しましたので、お知らせいたします。

加速度的に流通量を増すデータ環境、日々進化するデータサイエンス技法を背景に、マーケティングにおけるデータ活用戦略推進(基盤構築、分析、可視化、運用など)への投資は今後も増加していくことが予測されています。一方で、データ活用に関する多くの取り組みが仕組みドリブンであるがゆえ、事業視点で評価した際の投資に対する期待値を満たすことができず、縮小していくケースも散見されるようになりました。ビーアイシーピー・データは、このような問題背景から「マーケティング戦略の設計」と「テクノロジー・データ活用のノウハウ」の分断を繋ぎ、事業インパクトのあるデータ活用戦略の推進を支援する目的で設立されました。
エクスチュアは2012年12月の創業以来、「Making the Complex Simple」というミッションのもと、マーケティングテクノロジーやクラウドを利用したデータ分析のノウハウをもとに、顧客企業に対してテクノロジーとデータ活用の支援を行ってきました。また、BICPは戦略プランニングに強みを持ったマーケティングプロデュース会社として、仕組みドリブンではなく、目的ドリブンなマーケティング活動、データ活用戦略を推奨しており、国内外の企業約30社の支援をおこなっています。
設立にあたっては、BICP社、DI.社との合弁の形式を採ることで、エクスチュアの保有資源である「データ活用基盤の構築・運用・分析に関わる経験と人材」に、BICP社が従来提供してきた「顧客中心型マーケティング活動の戦略プランニング・プロデュース機能」、DI社が取り組む「新たなデータ活用の機会創出、未来価値創造への探索的アプローチ」を有機的に活用したサービスの提供が可能になりました。
ビーアイシーピー・データは「挑戦するマーケターと共に走る」というBICPグループの理念のもと、「戦略とデータを繋ぐ」というミッションを掲げ、デジタル時代に挑戦を続けるマーケターの皆様を、データ領域にハンズ・オンする立場から支援する、オンリーワンのデータストラテジスト集団を目指してまいります。

<主なサービス>
戦略とデータを繋ぐことを目的としたプロデュース&マネジメント業務
①目的ドリブンにデータを活用する
・ 顧客中心型マーケティングにおけるデータ活用戦略の設計、推進
・ 顧客データ基盤(CDP)の設計、構築、運用
・ マーケティングダッシュボードの設計、構築、運用

②データを戦略的意味に昇華させる
・ 最新のデータサイエンス技法を取り入れた戦略的意味の探索
・ 戦略におけるデータの未来価値を創出するための先進的な機会の提供
・ 各種データホルダを繋ぐサービスデザイン、アライアンスビジネスの推進

<サービスの特徴>
① 目的ドリブン
仕組みドリブンではなく、戦略・あるべき顧客体験から定義するデータ活用戦略
② 基盤ニュートラル
特定の基盤に依存しない、目的に応じたベストかつニュートラルな基盤選定
③ ハンズ・オン
戦略に終始せず、実際にデータを触りにいく、分析・運用体制、スキルの担保
④ 未来価値創造
流通するデータの未来を見据えた、先進的なトライアル機会と戦略視点に立った価値の創出

<会社概要>
社名   :株式会社ビーアイシーピー・データ
所在地  :東京都渋谷区恵比寿西1-32-16 COMBOX 5F
設立日  :2018年10月1日
資本金  :10,000,000円
主要株主 :株式会社ベストインクラスプロデューサーズ
      エクスチュア株式会社
      株式会社デジタルインテリジェンス 
事業内容 :戦略とデータを繋ぐことを目的としたプロデュース&マネジメント業務
・顧客データ基盤の構築
      ・マーケティングダッシュボードの構築
・戦略におけるデータの未来価値創造
・上記に関わるコンサルティング、分析、運用
・上記に関わるシステム・ソフトウェア等の販売
代表者  :代表取締役     菅 恭一
役員   :取締役       原田 憲悟
      取締役     横山 隆治
      監査役     實川 美紀雄

■代表者プロフィール
1998年総合広告会社入社。次世代型デジタルマーケティング組織を起案。発足後10年間のリーダーシップを通じてトリプルメディアにおけるコミュニケーションプランニングとデータドリブンなマーケティングマネジメントをシームレスに提供する組織基盤を構築。2015年4月、株式会社ベストインクラスプロデューサーズの創業に参画、代表取締役社長に就任。

■エクスチュア株式会社について
エクスチュアはマーケティングテクノロジーやクラウドを利用したデータ分析のノウハウをもとに、顧客企業に対してテクノロジーとデータ活用の支援を行っています。「Making the Complex Simple」のミッションを掲げ、複雑で高度な領域を簡単に使いこなせるように、誰でも理解しやすい形でスキルトランスファーする、顧客の代わりに使いこなす、という形でサービスを提供しています。特にグローバルで普及している、最先端のテクノロジーに強みを持ち、日本未上陸のツールを日本で展開することも行っています。
https://www.ex-ture.com/

■株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)について
BICPはデジタル時代のマーケティング・プロデューサー集団として2015年4月に創業しました。断片化する顧客接点、複雑化が進み個別最適に陥りがちなマーケティング活動を顧客視点・事業視点でニュートラルに整理し、ブランドが提供する価値の設計、成果につながる連続性のあるコミュニケーションシナリオの設計、チームづくり、マネジメントをおこなっています。デジタル時代のマーケティングエキスパート集団「ベスト・イン・クラス パートナーズ ※」の幹事企業を務めています。
https://bicp.jp/
※「ベスト・イン・クラス パートナーズ」の詳細につては、こちらをご参照ください → https://bicp.jp/service/partners

■株式会社デジタルインテリジェンスについて
デジタルインテリジェンスは、インタラクティブ&デジタルを起点として、マーケティングコミュニケーションを構築する次世代型デジタルコンサルティング会社です。我々が提供するのは、“総合デジタルコンサルティング”。本来的な意味での”ROI”を常に追求・探求する姿勢を強く持っています。主なコンサルティング領域は、デジタルマーケティング全般、マーケティング・ダッシュボード導入および運用支援、テレビ視聴データ活用およびセカンドオピニオン診断、DMP&インハウストレーディング体制構築および運用支援など。
http://www.di-d.jp/

ビーアイシーピー・データ 企業ロゴ
ビーアイシーピー・データが解決する問題
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ