プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大塚製薬株式会社

ポカリスエット イオンウォーター「大人調査」結果発表

2018年9月28日

ポカリスエット イオンウォーターPR事務局

ポカリスエット イオンウォーター「大人調査」結果発表
「大人になった」実感の平均は約30歳!
「おとなは甘くない」とリアルな声7割超の一方、
「長い」「楽しみ」の声も6割弱!

 ポカリスエット イオンウォーターPR事務局は、2018年9月29日(土)から、6月の公開以降、好評をいただいていたイオンウォーターのTVCM「おとなは、ながい。~野球~」篇を再放映することにちなみ、全国の20歳~69歳の男女1,000人を対象に、「大人」についての価値観や気持ち、実態についての調査を実施いたしました。
 本CMは「おとなは、ながい。」と題し、安藤サクラさんを主演に、「甘くない。引きずらない。もう、青くない。」という、製品特性と人生を掛け合わせたキャッチコピーのもと、ポジティブな姿を描くことで「おとな」という長い時間を生きるすべての人を応援するものです。
 今回の調査を通して、日本人が大人になったと意識する平均年齢や、大人の世界についての印象、大人になってからの意識変化などを明らかにしました。主な調査結果は以下の通りです。

「大人になった」と実感した年齢の平均は「約30歳」
 「大人になった」と実感した年齢は、平均「29.49歳」で、約30歳となり、現在の「20歳成人」から約10年、民法改正により2022年より施行される「18歳成人」からは約12年のギャップがあることが明らかになりました。

「大人になってからのポジティブな変化」1位は 「考えの視野が広がった」
 大人になってから変化した意識について、「考えの視野が広がり」(79.3%)、それが自身に「良い影響を及ぼしている」との回答が88.5%、また、「やりたいことができる幅が広がり」(68.9%)それが「良い影響」(84.6%)であると分かりました。

大人になって 「辛いことが増えた」 人が 「7割」 以上
 大人になってから(「大人になった」と実感したとき以降)それ以前と比べて「辛い(つら)ことが増えた」と感じている人は74.1%と、7割を超す結果となりました。また、「大人になってから辛いことが増えた」と感じている人の方が、「時間がたつのが早くなった」、「素直な気持ちを言いづらくなった」と回答。大人になることで変化した意識のうち、「ネガティブな影響」に分類されるこれら2つの意識をより感じやすいことが分かりました。

大人の世界は 「長い」・「楽しみ」・「期待できる」!
 大人の世界のイメージは、「長い」(61.8%)、「期待できる」(57.3%)、「楽しみ」(62.0%)と、ポジティブに捉えている人が多いことが明らかになりました。

どの世代の大人も、さまざまな 「夢・目標がある」 が、7割が「時間が足りない」
 今後の人生でやりたいことについては、遊びや余暇に関するもの、自身の成長や変化など、さまざまな夢や目標が寄せられた一方、67.7%が「やりたいことを全て叶(かな)えるための時間が足りない」と回答しました。

※詳細な調査結果につきましては、プレスリリースをご確認ください※

【調査概要】
・調査方法:インターネットリサーチ
・実施期間:2018年8月23日~8月24日
・調査対象:20代~60代の男女各100人ずつ計1000人
・調査地域:全国
※スコアは小数第2位以下を四捨五入しているため、合計して100%にならない場合もございます。

【イオンウォーターCM「おとなは、ながい。~野球~」篇】
ご好評にお答えして、2018年9月29日からTVCM再放映!
【動画: https://www.youtube.com/watch?v=gPpx0OaxBj8

■ポカリスエット イオンウォーターCM「「おとなは、ながい。~野球~」篇(30秒)ストーリー

 「おとなは、ながい。~野球~」篇の始まりは、主人公の働く女性(安藤サクラさん)が脱いだヒールから。
 彼女は少年野球チームに知り合いがいることから、外回りの営業途中に少年野球の練習試合に参加し、審判を頼まれてやっています。上着は脱いで、しかも裸足の主人公。「おとなのフリなんてそんな難しくなくてさ…」と、ボソッとキャッチャーに語りかけます。ここでピッチャーは一塁にけん制。さらに、「周りに合わせちゃえばいいだけだから。」「逆におとなの世界で、ガキのまんまい続ける方がよっぽど大変。」と続けながらも「ボール!」と審判も抜かりはありません。場面は切り替わって、象徴的に誰もいないグラウンドで1人、カメラ目線で「おとなって・・・。」と一言。
 場面は戻り、「いつまでそういう自分でいられるのか、むしろそこが勝負。」と、おとなをどう生きていくのか示唆します。キャッチャーミットにビシッと決まり、「ストライーク!!」と大げさにコールする主人公。「おとなって、なっがいよ~。」と締めます。ハイヒールを履き直し、野球少年からありがとうございました!と御礼される主人公は、「オッケーじゃあね!」と前向きな気持ちで営業に戻るのでした。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ