プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

コマニー株式会社

SDGsで世界を変える!コマニーが「SDGs∞(メビウス)モデル」を制定

2018年9月28日

コマニー株式会社

コマニーが「SDGs∞(メビウス)モデル」を制定
10月3日開催 SDGs3周年記念イベント(東京 3×3 Lab Future)に、
当社 常務執行役員 塚本直之が登壇

パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、社長:塚本幹雄)は、国連が提唱する“貧困のない平和な世の中をつくることを目標にした持続可能な開発目標(SDGs:エス・ディー・ジーズ)”に賛同し、2018年4月2日に『コマニーSDGs宣言』を表明。そして2018年9月28日に『コマニーSDGs∞(メビウス)モデル』を制定致しました。当社は、国連による『持続可能な開発のための2030アジェンダ』の採択以前より持続可能な社会への実現に向けて活動を展開。これまでモノづくりを通じて培ってきた『技術』を軸に、事業を通じて社会課題を解決することでステークホルダーの皆さまの幸福を追求し、SDGsの実現に向けて取り組んでいます。

2018年10月3日(水)18:30より、3×3 Lab Future(さんさんラボ フューチャー)にて開催されるSDGs3周年記念イベントでは、当社の常務執行役員 塚本直之(つかもとなおゆき)が登壇を予定しており、
コマニーSDGs∞(メビウス)モデル について説明致します。

「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」制定の背景
~SDGsと当社の経営の理念が合致、社会的インパクトを創出できるビジネスモデルで社会に貢献!~

世界全体が実現を目指している持続可能な開発目標(以下、SDGs)のアジェンダ(前文)に記されている『大きな自由における普遍的な平和の強化を追求する』ことは、私たちコマニーが目指す経営の理念『全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献する』を実現することと繋がっています。
コマニーSDGs宣言後、さらなる企業価値向上のために、当社の事業とSDGsの各Goalとの関係性や繋がりを明確にしました。当社の技術力で社会に貢献できるビジネスモデルとして明らかにし、実行するために視覚的・感覚的にわかるリンケージ図「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」として制定。事業を継続的に循環させ、社会的インパクトを創出し、企業価値向上を図っていきます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809278481-O1-aCcn9l35

「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」の内容
①プロダクト・サービス
SDGsの達成に向けて、各市場(オフィス、工場、病院、病院・福祉施設、学校、公共施設)における社会課題解決に向け、産学連携での研究と商品開発を通じて社会的インパクトを創出していきます。

②ガバナンス
当社に関係するすべてのステークホルダー(従業員、お取引先様、株主・投資家様、地球環境、地域社会)に対しても積極的な対話を通して幸福度向上にむけて施策に落とし込み、『誰一人取り残さない』経営を実現することを目指します。

③レバレッジポイント(起点となるポイント)
①と②を持続的に循環させ、向上させる『コマニーSDGs∞(メビウス)モデル』を推進させ、機能させることを通じて企業価値向上を実現し、雇用創出など地方創生にも寄与していきます。この循環を実現する上で核となるのは『技術で考え快適さで応える』というSDGs Goal9に対応する当社の技術力であり、当社ではこの循環を仕組みとして明らかにし、実行するための『コマニーSDGs∞(メビウス)モデル』を制定し、実施に移してまいります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809278481-O2-W5ZD07Cf

SDGs 3周年記念イベント開催概要
国連総会において持続可能な開発目標(SDGs)が2015年9月25日に採択されてから今年で3年目。本イベントでは、SDGsに取り組む各企業の代表者16名が、各社の現在の活動内容について5分間のプレゼンテーションを行います。また官・民・国際機関・NGO/NPO・学術界から様々な有識者を招いており、SDGsの取組みや成果、現時点でのさまざまな課題などを議論し、積極的な意見交換を実施し、交流を図ります。

日         時: 2018年10月3日(水)18:30〜21:30(18:00開場)
場         所: 3×3 Lab Future(さんさんラボ フューチャー)
                    東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル 1階
                   (東京メトロ、都営地下鉄大手町駅(C10出口)より徒歩2分)
定         員: 169名(SDGsのターゲット169項目にあわせて)
参   加   費: 3,800円(プログラム参加費、飲食代として)
プログラム: 18:00 開場
                    18:30-20:00 第1部:SDGsピッチ
                    20:00-21:30 第2部:懇親会
H           P: http://www.ecozzeria.jp/events/special/sdgs-3.html
主          催: SDGパートナーズ有限会社
        一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア)
        株式会社クレアン

※駐車場のご用意はございませんので、恐れ入りますが公共交通機関でお越しください。

会社概要
社         名:コマニー株式会社
代         表:代表取締役社長 社長執行役員 塚本幹雄
本         社:〒923-8502 石川県小松市工業団地一丁目93番地
T  E   L:0761-21-1144   
設   立:昭和36年8月18日
資   本   金:7,121百万円
従 業 員 数:連結1,475名、単体952名(2018年3月31現在)
営 業 品 目:建築工事業国土交通大臣許可(特-26)第3669号
        内装仕上工事業国土交通大臣許可(般-26)第3669号
        建具工事業国土交通大臣許可(般-26)第3669号
U    R     L:https://www.comany.co.jp/

当社は「お客様のそばには常に当社の商品があり、誰もが心地よく感じるような空間を提供していく」パーティションのリーディングカンパニーです。オフィスビル、工場、教育、医療、福祉、商業、公共施設などあらゆる空間で、機能性やデザイン性を追求した空間・間仕切製品のご提供を、日本をはじめ中国や東南アジアなどグローバルに展開しています。

コマニーSDGs∞(メビウス)モデル
SDGs当社の取り組み
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ