プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』発刊

2018年9月27日

株式会社オカムラ

『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』発刊
Forbes JAPANとタッグを組み、世界におけるポスト・イノベーションの可能性を探る

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は2018年10月2日、「はたらく」を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』を発刊し、全国書店・インターネットにて販売します。
オカムラは2016年に発表した、働き方や働く場をさまざまなステークホルダーと共に考えていく活動「WORK MILL(ワークミル)」のひとつとして、2017年9月にビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 01』を創刊しました。
10月2日に発刊する『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』の特集は、「THE AGE OF POST-INNOVATIONALISM イノベーションの次に来るもの」。テクノロジーを主導としてきたシリコンバレー式のイノベーションが席巻する近年において、これからの時代、私たちの暮らしをより幸せにするのはテクノロジーだけでしょうか。本誌では、イノベーションの次に来る、新しい経済のかたちをロンドン、北京、東京に訪れ探りました。「クリエィティブ」、「インクルーシブ」、「リ・インベンション」をキーワードに、新しい価値創造の可能性を紹介します。

―『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』概要―
オフィス家具づくりを中心に、半世紀以上働く環境について考え提供してきたオカムラが実施する働き方改革プロジェクト「WORK MILL」。この「WORK MILL」が「Forbes JAPAN」とタッグを組み、「はたらく」を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』を発刊、古今東西の働き方を探求し発信します。

名称:WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03
発売日:2018年10月2日(火)
価格:980円(908円+税)
判型:B5変形 無線綴じ
ページ数:104ページ
発行元:株式会社アトミックスメディア(発行人:藤原 昭広)
発売元:株式会社プレジデント社
編集企画:株式会社オカムラ(編集長:山田 雄介)
販売方法:全国書店・インターネット

THE AGE OF POST-INNOVATIONALISM
イノベーションの次に来るもの

COVER STORY あえて「スロー」に ポスト2020年の日本論 建築家 隈 研吾
PART1 ロンドン流「クリエイティブ」の育て方
PART2  北京発「社会にいいこと」の進化形
PART3  東京式「再解釈」の技法

『WORK MILL with Forbes JAPAN』 紹介ページ http://workmill.jp/magazine.html

―働き方改革プロジェクト「WORK MILL」概要―
オカムラの「WORK MILL」は、WEBマガジンやビジネス誌発刊におけるリサーチやインタビュー、対談、共創空間の運営を通じて、「はたらく」に関する知見を蓄積し発信しています。本プロジェクトを通じて新たな「はたらく」のヒントを得ながら、明日の社会を見つめ、考え、行動へとつなげています。

「WORK MILL」ウェブサイト http://workmill.jp/
『WORK MILL with Forbes JAPAN』 紹介ページ http://workmill.jp/magazine.html

―「Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)」概要―
2014年6月『Forbes』の日本版として『Forbes JAPAN』と題し新創刊。日本版は「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、Forbes本国版、各国版の記事をキュレーションし、Forbes JAPANオリジナル記事と共に構成。また、毎号ライフスタイル記事を同載し、読者へオンとオフの情報を届けている。雑誌と共にWEB版も昨年から本格始動し、各ポータル系サイト、ニュースキュレーションサイトなどへも記事を配信中。

WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03 表紙
WORK MILL with Forbes JAPAN ロゴ
WORK MILL ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ