プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大正製薬株式会社

ぽっこりお腹に悩む方には、ぴったりの商品が無い?

2018年9月27日

大正製薬株式会社

ぽっこりお腹に悩む方には、ぴったりの商品が無い?

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂]が10月1日より全国のドラッグストア他で販売開始する整腸薬「ビオフェルミンⓇぽっこり整腸チュアブルⓇ」 ※1。その開発の裏には、ぽっこりお腹で悩んでいる方の多くが、その原因を「お腹に溜まったガス」と「便秘」と考えているにも関わらず、その両方の悩みを解決できるぴったりの商品が存在しない、という調査結果※2がありました。
※1本製品の製造販売元はビオフェルミン製薬株式会社です
※2当社調べ

「ビオフェルミンⓇぽっこり整腸チュアブルⓇ」の開発にあたり、一都三県在住で26~69才の女性(社会人、パート・アルバイト、主婦)のうち、ぽっこりお腹で悩んでいる方を対象にグループインタビューを行いました。その結果、ぽっこりお腹の原因として、「お腹のガスだまり」や「便秘」と回答された方のうち、両方を挙げている方は60%以上と多数占めていることが分かりました。
しかし調査を進めていくと、これら両方の悩みを持っている方々にとって“ぴったりの商品が存在しない”や「“便秘薬だと少し常習性が怖い”でも“症状を軽くしたい”」というニーズが多いことが判明しました。

「ビオフェルミンⓇぽっこり整腸チュアブルⓇ」は、これらのニーズに応えるため、以下3つの作用で気になるおなかの「腹部膨満感」や「便秘」の悩みを改善してくれる製品です。
① 消泡剤(ジメチルポリシロキサン)が腸内に発生したガスの気泡をつぶす
② 生薬(ケツメイシ)が腸のはたらきを整える
③ 2種類の乳酸菌※3が悪玉菌の増殖を抑え、ガスの発生しにくい腸内環境にする
※3ビフィズス菌、ラクトミン

当社では、今後もビオフェルミンシリーズのラインアップを強化することで、おなかの調子に悩んでいる方々にお応えしてまいります。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809268405-O3-geB5E7VJ
◇製品概要
製品名:ビオフェルミンⓇぽっこり整腸チュアブルⓇ
製品区分:第3類医薬品
希望小売価格:30錠 1,100円(消費税別)  60錠 1,900円(消費税別)
成分:3錠(15歳以上の1日服用量)中
ビフィズス菌30mg、ラクトミン(乳酸菌)30mg、ケツメイシエキス200mg(ケツメイシ約1,180mgより抽出)、ジメチルポリシロキサン180mg
添加物:トウモロコシデンプン、エリスリトール、無水ケイ酸、結晶セルロース、還元麦芽糖水アメ、アメ粉、白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、アスコルビン酸、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、スクラロース、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、香料
<成分に関連する注意>
(1)生薬(薬用の草根木皮など)を用いた製品ですから、製品により錠剤の色調や味が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。
(2)まれに錠剤に黒い点が見られることがありますが、これはケツメイシによるものであり、品質には問題ありません。
効能:腹部膨満感、整腸(便通を整える)、便秘、軟便
用法・用量:次の量を、4時間以上の服用間隔で、かむか、口中で溶かして服用してください。
年齢:15歳以上1回量1錠 1日服用回数3回
   15歳未満 服用しないこと
発売日:2018年10月1日

◇製品に関するお問い合わせ
ビオフェルミン製薬株式会社 お客様相談窓口                    
電話 078-332-7210 受付時間 9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ