プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社成基

ビッグデータ解析で「主体的な学び」を引き出す共同研究を開始、大阪大学と成基コミュニティグループ

2018年9月26日

成基コミュニティグループ

ビッグデータ解析で「主体的な学び」引き出す共同研究
阪大と成基コミュニティグループ

ビッグデータ解析で「主体的な学び」を引き出す共同研究を開始
大阪大学と成基コミュニティグループ、産学連携で今月から

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809268353-O1-siVQwH1m
 【報道関係者各位】成基コミュニティグループ(京都市中京区烏丸二条上ル蒔絵屋町265-2 SCGビル8F、代表CEO:佐々木喜一)は、大阪大学高等教育・入試研究開発センター(センター長:川嶋太津夫氏)との産学連携による「主体的な学び」についての共同研究を2018年9月より開始いたします。

●大学入試をはじめとする一連の教育改革において、子どもたちが今後迎える社会の中で最も必要とされるのは「主体的な学び」です。安倍内閣直轄の諮問機関「教育再生実行会議」では、第七次提言の中で「これからの時代を生きる人たちに必要とされる資質・能力~求められる人材像~」の一つとして、『主体的に課題を発見し、解決に導く力』の重要性が指摘されています。

●「主体的な学び」とは、「自らの意思と意欲を持ち、工夫しながら自らの学びを構築できること」と定義されます。成基コミュニティグループは1962年の創立以来55年以上、「何のために学ぶのか」という学習の目的を常に問いながら、子どもの「自ら学ぶ力」の育成に注力してまいりました。一方、(大阪大学をはじめとする)各大学においても「主体的に課題解決をできる人材の育成」に取り組まれています。両者のそういった理念や考えが一致し、今回共同研究を実施することで合意いたしました。

●今後3年間にわたり、弊社の個別指導部門「ゴールフリー」より、学習者・指導者のビッグデータを提供し、大阪大学でそのデータを解析することにより、新しい診断アセスメントを開発します。それにより、学習者の個性に合わせて、どうすれば「主体的な学び」を引き出し、教育成果を高めることができるかを検証してまいります。「ゴールフリー」は、講師1人に対し小学生から高校生までの生徒2人を指導するスタイルで、関西中心に93教室を展開しています。

【研究目的】
・学習者の認知タイプと学習環境との適切なマッチングにより、学習者の動機づけと自律的な学習力を上げ、教育成果を高める方法を明らかにする。
 
成基コミュニティグループについて
・1962年に創立した幼児から高校生を対象とした学習塾。近畿圏に150教室を展開。
・代表者の佐々木喜一は、安倍内閣直轄の諮問機関「教育再生実行会議」のメンバーとして2013年より活動中。
・これまでに前原誠司衆院議員、松井孝治元内閣官房副長官、溝畑宏元観光庁長官など、15万人以上の卒業生を輩出。
 
【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社 成基総研
[部署名]マーケティング部
[担当者名]辰巳 直之
[TEL]075-256-8819
[FAX]075-256-8843
[Email]tatumin@mail.seiki.co.jp

大阪大学高等教育・入試研究開発センター川嶋 太津夫センター長と成基コミュニティグループCOO佐々木裕子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ