プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社プレナス

食品工場拠点CENTOS(セントス)内に2018年10月 新食品総合工場完成

2018年9月26日

株式会社プレナス

食品工場拠点CENTOS(セントス)内に
2018年10月 新食品総合工場完成

株式会社プレナス(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:塩井辰男)は、持ち帰り弁当の「ほっともっと」と、定食レストランの「やよい軒」を、2018年8月末現在、3,113店舗展開しております。

このたび当社グループの株式会社プレナスフーズ(本社:福岡県朝倉市、代表取締役社長:廣藤 明)が埼玉県北葛飾郡杉戸町に建設しておりました新食品総合工場が完成し、10月1日(月)より本稼働する運びとなりましたので、お知らせいたします。

新食品総合工場は、延床面積約8,500㎡、年間生産能力約3万トンを誇る当社グループ最大の食品工場で、最新かつ効率的な生産システムを導入することで、幅広い基幹商品の内製化を目指してまいります。また、既存の精米工場、食肉加工工場、調味料製造工場に加えて、新工場が物流センターに隣接することで、原料・製品・配送の流れを最大限に効率化し、これまで以上に競争力の高い商品の供給が可能となり、「ほっともっと」や「やよい軒」の更なる付加価値の高い商品提供を支えてまいります。

同工場の稼働に伴い、地域雇用の創出を図ると共に、子育て世代の従業員が、育児をしながら安心して働くことができる環境を目指し、当社グループ2ヵ所目となる事業所内保育施設『CENTOSおひさまてらす』を併設しております。

また当社は、更なる内製化の拡充に向け、中国山東省にある水産加工業の『威海東源食品有限公司』への出資を行います。新たに水産加工工場をグループ内に取り込むことで、更なる付加価値の高い商品をお客様に提供し続けることができるよう邁進してまいります。

【ご参考】
1.新工場の概要
(1)名称              プレナスフーズCENTOS食品総合工場
(2)所在地             埼玉県北葛飾郡杉戸町大字深輪398-12
(3)延床面積            2階建て 8,498㎡(約2,571坪)
(4)生産品目            牛・豚肉スライス、とんかつ、チキン南蛮等
(5)生産能力            年間約30,000トン
(6)供給エリア           全国
(7)投資額               約80億円
(8)運営会社            株式会社プレナスフーズ(子会社)
※CENTOS (セントス)
 当社グループの東日本エリアの食品工場拠点の名称。“center of us”、“ center of earth”を意味する。

2.子会社の概要
(1)会社名            株式会社プレナスフーズ
(2)所在地            福岡県朝倉市平塚11-2
(3)代表者            代表取締役社長 廣藤明
(4)資本金            5,000万円
(5)主な事業内容         精米と食品類の加工及び販売
(6)設立             1998年6月
(7)工場拠点           CENTOS(埼玉県)、九州工場(福岡県)

新食品工場
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ