プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人東京財団政策研究所

松山公紀研究所長就任のお知らせ/Kiminori Matsuyama Named Chief Scientific Adviser

2018/09/19

【東京財団政策研究所】松山公紀研究所長就任のお知らせ
Economist Kiminori Matsuyama Named Foundation’s Chief Scientific Adviser

(English follows Japanese)

本メールはこれまで東京財団政策研究所とご縁のあるメディアの皆様にご送付させていただきました。ご不要の際はどうかご海容のほどお願い申し上げます。
=========================================================

東京財団政策研究所プレスリリース ____________ 2018/09/19
──────────────────────────────────
■┓
┃┃ 松山公紀研究所長就任のお知らせ
┗┛────────────────────────────────
本年12月より公益財団法人東京財団政策研究所の研究所長として、松山公紀・ノースウエスタン大学経済学部教授が就任することとなりました。研究の指導的役割を担います。任期は2年です。

松山氏は、マクロ経済の不安定性のメカニズムの解明や経済構造変化と経済格差の研究などで著名な成果を持つ世界的な経済学の権威で、1996年には国際的に認知される業績を挙げた若手経済学者に贈られる日本経済学会・中原賞を受賞したほか、1999年からはEconometric Societyの終身フェロー、現在は理論経済学のトップジャーナルとされ『Journal of Economic Theory』の編集委員を務めるなど、アカデミックの最前線で活躍しています。

また、6月より門野泉(元清泉女子大学学長)氏が理事長に就任したほか、今回新たに非常勤理事に福井俊彦(キヤノングローバル戦略研究所理事長)氏を迎え、役員についても新体制に移行いたしました。

東京財団政策研究所は、「研究と事務の分離」を基軸とした新体制の下、より世界的な視点で、データと理論に基づくクオリティの高い研究をベースに、優れた政策の選択肢を提示し、社会を変えていく活動を行ってまいります。

***********************
松山公紀(まつやま きみのり)
1980年東京大学教養学部国際関係学科卒業。87年ハーバード大学経済学部博士課程修了(Ph.D.)後、同年ノースウエスタン大学経済学部助教授、91年同准教授、95年より同教授。Econometric Society終身フェローの他、マサチューセッツ工科大学客員教授、シカゴ大学客員准教授、スタンフォード大学フーバー研究所客員フェローを務める。

<本件に関するお問合せ>
東京財団政策研究所 TEL:03-5797-8403 /info@tkfd.or.jp
——————————————————-
公益財団法人東京財団政策研究所              <PR18-04JE>
〒106-6234 東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー34F
TEL : 03-5797-8403  FAX : 03-5570-6033
——————————————————-
Website : https://www.tkfd.or.jp
twitter : https://twitter.com/tokyofoundation
Facebook: https://www.facebook.com/tokyofoundation
——————————————————-

NEWS RELEASE

Economist Kiminori Matsuyama Named Foundation’s Chief Scientific Adviser
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

TOKYO, September 19, 2018 — The Tokyo Foundation for Policy Research <http://www.tokyofoundation.org/en/> is pleased to announce the appointment of Northwestern University professor Kiminori Matsuyama as chief scientific adviser. Starting December 2018, he will provide leadership over a two-year term in advancing the Foundation’s research activities.

Matsuyama, a professor in the Department of Economics at Northwestern University, is an expert in international trade and economic growth and development who has made valuable contributions to elucidating the mechanisms behind macroeconomic instability, structural transformation, and inequality.

He was the 1996 winner of the Nakahara Prize awarded to the best young economist by the Japanese Economic Association. He has been a fellow of the Econometric Society since 1999 and currently serves as an associate editor of the "Journal of Economic Theory" — a leading journal in the field of theoretical economics.

Matsuyama received his BA in international relations from the University of Tokyo in 1980 and his PhD in economics from Harvard University in 1987. He became an assistant professor of economics at Northwestern University in 1987, associate professor in 1991, and has been professor since 1995. He has held full- or long-term visiting positions at the Massachusetts Institute of Technology (2008) and the University of Chicago (1993 and 2003), and was a national fellow at the Hoover Institution, Stanford University (1991).

The Foundation is also happy to announce that Izumi Kadono, former president and professor emeritus of Seisen University, became president of the Tokyo Foundation for Policy Research in June 2018. Toshihiko Fukui, president of the Canon Institute for Global Studies and former Bank of Japan governor, was newly elected to the Board of Directors as a nonexecutive member.

Under its new leadership structure with clearly delineated responsibilities for policy research and administrative governance, the Foundation will advance rigorous, evidence-based research and offer concrete policy proposals leading to real-life changes.

*     *     *
Contact:
Public Communications
info@tkfd.or.jp
www.tokyofoundation.org/en

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ