プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

島村楽器株式会社

環境にやさしい楽器の販売&その収益の一部を森林保護活動に寄付『Evergreen Project』9月16日(日)開始

2018/09/11

島村楽器株式会社

環境にやさしい楽器の販売&収益の一部を森林保護活動に寄付『Evergreen Project』9月16日(日)開始

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107766-O1-EJ9XsgCs
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107766-O2-06pK388L
 島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、環境負荷がかかりにくい素材で作られたリコーダー、鍵盤ハーモニカ、オカリナ、おもちゃの楽器などを対象に、売上の一部を公益社団法人国土緑化推進機構が主導する「緑の募金」に寄付する活動を、2018年9月16日(日)に開始いたします。対象商品は全国の島村楽器店舗と島村楽器オンラインストアにてお買い求めいただけます。集まった寄付金は国内外での森林保護活動に使われます。

 本活動の名称は『Evergreen Project(エバーグリーンプロジェクト)』。産業活動に伴うCO2排出や木材資源消費などに対して削減・緩和効果が見込まれる商品の流通を促進し、さらにその売上の一部を緑化事業に充てることで持続可能な経済活動に寄与したいと考えています。名曲が時を経ても色褪せないように、本活動も輝きを保ち続けながら継続的な展開を目指すことをコンセプトといたします。
 対象商品には例えば、植物由来のバイオマスプラスチックを一部に使ったリコーダーやピアニカ、お米を原料とするバイオマスプラスチックでできたオカリナがございます。これらは植物由来の原料からなるプラスチックのため、有限資源である化石燃料を消費せずに済み、また廃棄・燃焼時には新たにCO2などの温室効果ガスを増やすことにはならないとされています(※)。さらには近年、埋め立てなどで廃棄されたプラスチックごみによる海洋汚染が深刻化しておりますが、バイオマスプラスチックは可燃ごみとして処分でき有害なダイオキシン類を発生しないともいわれるため、こちらを使用した製品の流通を促進することは海洋汚染の防止にもつながると考えています。
 ほかゴムの木の廃材を利用したおもちゃの楽器などがあり、これまでは捨てられてきた木材を有効活用することで、森林伐採の抑制に一役買う商品となっております。こうした環境負荷がかかりにくいエコな商品を順次投入し、本活動を続けてまいります。
  
 またテーマビジュアル(本プレスリリースに掲載のイラスト)は、美術家の四宮義俊(しのみやよしとし)氏によって本活動のために特別に描き下ろされた作品になります。四宮氏にはEvergreen Projectの趣旨に賛同・協力いただき、テーマビジュアル制作、およびアートディレクターとして活動に参加していただいています。同氏は劇場版ポケットモンスターのポスターをはじめ、新海誠監督によるロングラン作品「君の名は。」での回想シーンの演出などを担当。多数の絵画や映像制作を行っている、新進気鋭の美術家です。
 同氏による温かみのある森林と楽器の絵は、本活動が目指す楽器製造と地球環境との共生を象徴しています。こちらのテーマビジュアルポスターも商品として取り扱い、売上の一部を寄付していきます。清澄なBGMとともにこの美しいテーマビジュアルの世界を味わえるプロモーションムービーもご用意しましたので、併せてご覧ください。

 多くのお客様に本活動の趣旨にご賛同いただければと考えております。リコーダーやオカリナを環境にやさしい商品で手軽に始めたり、おもちゃの楽器でお子様への情操教育をされてみてはいかがでしょうか。ぜひお近くの島村楽器や、島村楽器オンラインストアでお買い求めください。

※バイオマスプラスチックとは
 植物の光合成により生成されるデンプンなどを原料とするプラスチックを、バイオマスプラスチックと呼ぶ。植物により生産される物質を原料とするため、通常のプラスチックのように枯渇が懸念される化石燃料の消費を避けることができる。環境中で微生物により分解され、最終的に水とCO2に分解される性質(生分解性)をもったバイオマスプラスチックの研究も進んでおり、環境負荷がかかりにくい素材としても注目度が高くなっている。このバイオマスプラスチックを分解・燃焼する際には、原料であるデンプン由来のCO2が放出される。しかしこのデンプンは植物が大気中から取り入れたCO2を材料に生成されたものであるため、新たに温室効果ガスを増やすことはなく、環境に良いとされている。

Evergreen Projectについて
概要:楽器の資源に目を向けたCSR活動
 ・エコロジーをテーマに対象商品を展開していきます
 ・売上の一部を「緑の募金」に寄付し、国内外の森林保護に役立てます
コンセプト:”時を経ても色褪せない名曲”のように、継続的な展開を目指します
◆Evergreen Projectページ https://www.shimamura.co.jp/p/evergreenproject/index.html
◆Evergreen Projectプロモーションムービー https://youtu.be/ga5uh5VErfg

緑の募金について
実施団体:農林水産省 公益社団法人 国土緑化推進機構
実績:平成28年 募金総額/22億・苗の植付・配布本数:290万本
    森林の整備面積:2,750ha・参加人数:213万人・緑の募金交付先件数(団体数):1万
詳細はこちら http://www.green.or.jp/bokin/

対象商品例
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107766-O3-68a8W3zz

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107766-O4-s60rY1HO

協力企業 ※敬称略
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107766-O5-K6BmeWe1

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ