プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国際ロータリー第2760地区

ワールドフード+ふれ愛フェスタ開催プレス発表会のおらせ

2018年9月10日

国際ロータリー第2760地区(愛知県)

チャリティーイベント・ポリオ撲滅!  「世界の子供達に笑顔の未来を!」 
【第6回 ワールドフード+ふれ愛フェスタ】
2018年10月27日(土)-28日(日)10AM-5PM  名古屋・栄  久屋大通公園で開催
入場料無料! 雨天決行(荒天中止)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O1-xui6I3C1

国際ロータリー第2760地区(愛知県)では、
チャリティーイベント【第6回 ワールドフード+ふれ愛フェスタ】を、2018 10/27(土)・28(日)10AM-5PMに、 名古屋・栄 久屋大通公園で開催します。

ロータリーは、20年以上にわたりポリオ(脊髄性小児麻痺とも呼ばれている、急性灰白髄炎)撲滅を最優先課題として掲げ、世界保健機関(WHO)、米国疾病対策センター(CDC)、ユニセフとともにGPEI(世界撲滅推進計画、http://www.polioeradication.org/ )の主要パートナーとなっています。さらに、世界のロータリークラブ会員は、ポリオのない世界をめざして12億ドルを超える資金を寄付し、ボランティアとしても活動してきました。

ポリオ(急性灰白髄炎)は、主に5歳未満の小児が罹かる疾患です。
●感染者200人のうち1人に不可逆性の麻痺が起こります。麻痺を起こした患者の5~10%は呼吸筋が機能しなくなり、死に至ります。
●1988年には35万人いたと推計される ポリオの患者は99%以上減少し、2016年には報告者数が37人なりました。世界がこの疾患を撲滅することに取り組んだ結果、1,600万以上の人々が麻痺から救われました。
●1人でも感染した小児が いれば、すべての国の小児にポリオへの感染の危険が生まれます。最後に残った常在国からポリオを撲滅することができなければ、10年以内に毎年20万人もの新規患者が発生する可能性が生まれます。
●ポリオは主に5歳未満の小児で起こります。
●ポリオに治療方法はなく、唯一できる方法は予防です。複数回ポリオワクチンを接種することで、小児の命を守ることができます。
●ポリオの感染件数は、1988年の35万件から、2013年の416件、2016年の37人、2017年の15人へと大きく減少しています。これまで122カ国で20億人以上の子どもたちが予防接種を受け、その結果、500万人が身体麻痺を逃れ、25万人の命が救われたと推測されています。

 1 ポリオについての詳しくは、厚生労働省のサイトへリンクします。

 2 厚生労働省検疫所のホームページ:2017年のニュース 
   ポリオウイルスの国際的拡大に関する国際保健規則(IHR)緊急委員会第15回会議
   でのWHO声明サイトへリンクします。

この催しは、
世界の子供たちを脅かしている感染症対策の一環として、WHO, ビルゲイツ財団とも協力して、「ポリオの撲滅」と、子供たちの生活環境向上のための「水資源の確保」、「教育の支援」に資金を提要するための、資金援助イベント ( ファンダライジィング・イベント Fundraising Event ) で、今年で6回目の催しです。

会場には、役20店舗のフードコートが並びますので、世界のグルメを食べ歩き! 世界の歌や踊りをステージでお楽しみいただき、世界の特産品も販売します!
世界各国からの留学生、 高校生のボランティグループも参加していますので、 若い世代の、 国際的な交流の場にもなっています。
秋の週末を、そぞろ歩きしながらお楽しみいただいて、世界の子供達の現状も合わせて勉強していただき、チケット売り上げの20%を支援金として使わせていただく企画です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O6-TZ1E70T9
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O7-Ue65mC0S
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O8-o2rkCazH

今年は、会場内での売り上げの20%を、
まだポリオが絶滅していないパキスタンへ
ポリオ予防プログラム支援として提供します。

今年は、国際ロータリーのポリオ撲滅大使に任命されている、
歌手のジュディ・オングさんも来場されます。
今回は、歌手のジュディ・オングさんも来場されます。 ジュディ・オングさんは、2014年より、ロータリーのポリオ撲滅大使に就任されていますので、歌手として活動するかたわら、女優業や版画に力を入れられながら、ポリオ(急性灰白髄炎)のない世界をめざすロータリーの取り組みに賛同し、ポリオへの認識向上を図るキャンペーン広告(https://myaccount.dropsend.com/file/f8b9cee679e1dfde)で、ポリオ撲滅まで「あと少し」であることを示すポーズを披露してくれました。 ジュディ・オングさんは、また、チャリティーコンサートを通じて多くの慈善活動を行っています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O9-Xxa631JN
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O2-eRN73HPv

後援 ・ 協賛
この企画には、名古屋市、中華人民共和国駐名古屋総領事館、 在名古屋大韓民国総領事館、在名古屋カナダ領事館、在名古屋ブラジル総領事館、在名古屋ペルー共和国総領事館、在名古屋カンボジア王国名誉領事館の後援と、 東海地区の主要な企業130社の協賛もいただいています。

お知らせ
下記のプレス発表会にご参加くださいましたプレスの皆様に対して、読者プレゼント用に、当日、会場内の飲食店等で使えるチケット(1枚 2,000円 内、400円は 自動的に支援金になります)を1社10枚づつ、ご提供させていただきます。

プレス発表会
日時:2018年9月20日(木曜日)午後6時から7時
場所:ロータリー2760地区(愛知県)ガバナー事務所 会議室
   〒460-0003 名古屋市中区錦二丁目15番15号 豊島ビル3階

プレス発表会に参加申し込みは、このリンクからフォーム入力をお願いします。
https://www.rotary2760.org/g18-19/2760pef.html

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809097721-O5-058tlyz5

Rotary_LOGO
2018_WFF_flyer_top
2018_WFF_flyer_1
2018_WFF_LOGO
RI2760_office_map
Stage Event
Food & Drink
World Shop & Space
あと少し

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ