プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

スターバックス・コーポレーション

「スターバックス® スパークリング ストロベリーレモネード(ローカロリー)」 新発売

2018年9月6日

スターバックス・コーポレーション
サントリー食品インターナショナル株式会社

スターバックス ブランドのスパークリングドリンク
「スターバックス® スパークリング ストロベリーレモネード(ローカロリー)」新発売

― コーヒーチェリー(生豆を含む)由来のカフェインを配合した
すっきりとした後味の爽快なスパークリングドリンク ―

スターバックス・コーポレーション(本社:米国 シアトル、最高経営責任者:ケビン・ジョンソン)と、サントリー食品インターナショナル株式会社(本社:東京都、社長:小郷三朗)は、スターバックスブランドのスパークリングドリンク「スターバックス® スパークリング ストロベリーレモネード(ローカロリー)」を、9月25日(火)から全国の「セブン-イレブン」20,437店※で先行発売します。
※2018年7月末時点

「スターバックス® スパークリング」シリーズは、スターバックスならではの、厳選された素材を使用した爽快感を楽しめるスパークリングドリンクです。今回新たなご提案として、「スターバックス® スパークリング ストロベリーレモネード(ローカロリー)」を発売し、伸長する炭酸水市場において、更なる価値を提供していきます。

●中味の特長
スターバックスが厳選したコーヒーチェリー(生豆を含む)由来のカフェインを配合しました。
レモンとストロベリーの果汁に、アップル・ココナッツの果汁を組み合わせ、すっきりとした後味と爽快感が特徴です。カラダに嬉しいローカロリー設計(100mlあたり19kcal)にしています。

●パッケージの特長
洗練されたスリムなボトル形状とシンプルな色調のデザインを採用。中央に「スターバックス」のロゴを配し、スタイリッシュなデザインに仕上げました。レモンとストロベリーのイラストで爽やかな飲み心地を表現しています。

スターバックスは、2005年9月の発売以降、チルドカップコーヒー市場において高付加価値の商品群「プレミアムカテゴリー」を新たに創造し、ご好評をいただいています。
今回、伸長する炭酸水市場において「スターバックス® スパークリング ストロベリーレモネード(ローカロリー)」を発売することで、新たなユーザーを獲得するとともに、スターバックスブランドならではの新しい価値を提供していきます。

― 記 ―

▼商品名・容量・希望小売価格(税別)・賞味期限
「スターバックス® スパークリング ストロベリーレモネード(ローカロリー)」
390ml    140円  (賞味期限6ヶ月)

▼発売期日 2018年9月25日(火)

▼発売エリア 全国の「セブン-イレブン」20,437店※で先行発売
 ※2018年7月末時点

▼商品情報(ホームページ) http://www.starbucks.co.jp/rtd/ ※情報公開日は9月25日です。

▼特設サイト http://www.starbuckssparkling.jp/ ※情報公開日は9月25日です。

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先
サントリーお客様センター
フリーダイヤル 0120-139-320  〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
サントリー食品インターナショナルホームページ http://suntory.jp/sbf/

以  上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ