プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

慧通信技術工業株式会社

災害時の長時間停電対策に有効な世界初となる太陽電池を主電源としたオフグリッド電源2機種を開発・発売

2018年9月5日

慧通信技術工業株式会社

オフグリッド電源システム、Personal Energyを全面モデルチェンジ

PV-UPS 
長時間停電時も安心な太陽電池主電源によるUPS(無停電電源装置)
LPガス常用発電装置との連形により雨天、夜間も無停電連続運用が可能

Personal Energy HVDC
HVDC 直流電源 高圧直流送電による大規模並列直流電源
最大400VDC/160kVA出力、500kwhの高密度電池容量

慧通信技術工業は、このたび2011年の発売開始から多くのお客様にご採用いただいております、
オフグリッド電源システム、Personal Energyを全面モデルチェンジし新たに2機種の販売を開始いたします。

日本国内で初めてのオフグリッド、独立電源システムを確立した当社は産業分野や医療、公共インフラを中心に多くのユーザーにご採用いただいております。
今回、開発から7年が経過したPersonal Energyのさらなる性能向上と施工性、耐久性の向上を実現し、オフグリッド電源におけるトップブランドとしての確立を目指します。

「PV-UPS」は世界で初めての太陽電池を主電源としたUPS(無停電電源装置)として発売いたします。
一般的に鉛電池を使用したUPSとは設計思想が異なり、消防法準拠であるオリビン酸リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを標準採用し、商用電力以外に太陽電池、常用発電機からの受電が可能な災害時の長時間停電対策に有効なオフグリッド「持続可能電源」です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809057580-O1-ppLPZGW2

「Personal Energy HVDC」は高圧直流送電による大規模並列直流電源です。
Energy Storage System、ESSとしてデータセンターや電算室、取引所などの大規模バックアップ用電源として市場投入いたします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809057580-O2-H6XoZ3OO

新製品の主な特徴
・災害時の長時間停電対策として
・海外電圧や直流電圧など、さまざまな電圧に対応
・電気が敷設できない場所や海上などに安定したオフグリッド電力を供給可能
・データセンターの耐震基準向上、増設、移設に柔軟に対応可能なコンテナ型DC
・工場などの無停止、電源品質向上
・デマンド削減による契約電力の削減、使用電気料金の削減
・消防法準拠のオリビン酸リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを採用
中小企業等経営強化法に基づく税制措置により法人税の即時償却が可能

PV-UPS
万が一の長時間停電時も安心な太陽電池主電源によるUPS(無停電電源装置)
1.5kwから49.5kw出力までをランナップ
LPガス常用発電装置との連形により雨天、夜間も無停電連続運用が可能

Personal Energy HVDC
HVDC 直流電源 高圧直流送電による大規模並列直流電源
最大400VDC/160kVA出力、500kwhの高密度電池容量

用途/実績例

・長時間電源バックアップが可能な蓄電池を探している
・海外設備や電気機器を日本国内でそのまま使用したい
・橋梁や海上工事現場で安定した電力を得たい
・データセンターを短期間に構築したい
・地目に関係なく、建築確認が不要なコンテナ型データセンターを検討したい
・高圧直流送電により配線工数を削減したい

PV-UPS
Personal Energy HVDC
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ