プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

5G、IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」9月5日オープン!

2018年9月5日

KDDI株式会社

5G、IoT時代のビジネス開発拠点
「KDDI DIGITAL GATE」9月5日オープン!
~課題発見から開発、検証を迅速に実行し、企業の新規事業創出を支援~

KDDIは、2018年9月5日より、お客さまとともに新たなビジネスソリューションを創出する5G、IoTのビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」(東京・虎ノ門)を開設します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O1-fHCXiHCW

近年、デジタル・トランスフォーメーションにより、ビジネス拡大のためのIT活用が進むなか、
企業では意思決定のスピードアップや効率化が求められています。「KDDI DIGITAL GATE」は、
アジャイル開発が可能なKDDIの専門チームに加え、高度な専門性を持つパートナー企業で構成される
プロフェッショナル集団との共創により、「気づく」「創る」「学習し改良する」を迅速に回転させ、5GやIoT時代に
おける市場価値の高いサービスをいち早く社会に提供していきます。
また、スタートアップ企業の斬新なアイデアや先進的なテクノロジーを取り入れた、オープン
イノベーションによる新たな価値創出を実現するため、「KDDI ∞ Labo」(東京・渋谷)の活動拠点を
「KDDI DIGITAL GATE」へ移転します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O2-jgc2RIx4

「KDDI DIGITAL GATE」では、5G、セルラーLPWA(LTE-M)といった最新の通信規格を使った検証設備に加え、
各種センシングデバイスや、画像認識技術、XR、AIなど最先端のテクノロジーによって実現される様々な
ソリューションを体感できるツールを備え、お客さま企業と新たなビジネスを共創します。 
また、お客さま企業、パートナー企業やスタートアップ企業、技術者、デザイナーなど、企業の規模、業種、業態などに
とらわれず、さまざまな人が出会い、交流できる「オープンエリア」や、デザイン思考によって潜在的な課題を発見する
「ワークショップスペース」を有するほか、創出したアイデアをアジャイル開発手法によって迅速にプロトタイプ開発と
検証が可能な「PoC開発ルーム」や「ラボラトリー」を設けています。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、“ワクワクを提案し続ける会社”として、IoT、5Gをはじめとするさまざまなテクノロジーを活用し、お客さまやパートナー企業さまとともに、新しい体験価値を創造していきます。

「KDDI DIGITAL GATE」(https://biz.kddi.com/digitalgate/)

1.「KDDI DIGITAL GATE」の特長
(1) デザイン思考型のワークショップとアジャイル開発による高速プロトタイピング
デザイン思考型のワークショップやプロトタイピングを通じて、サービスの利用者となるエンドユーザーの体験を分析し
課題を発見するとともに、最先端のテクノロジーを用いて、それらを解決するソリューションをデザインし検証します。
また、ワークショップで生み出したソリューションを、素早くスモールスタートで構築し、検証と改良を迅速に
繰り返すアジャイル開発によって、短期間で効率的なプロトタイピングを実施します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O3-2KpuQSRP

(2) “感じる” “気づく” “出会う” を生み出すオープンエリアと共創ツール
オープンエリアでは、KDDIが主催するビジネスセミナー、各種イベントに加えて、各分野に精通したプロフェッショナル集団による魅力的なセミナーや交流会も開催予定です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O4-wM1NB94g

■共創ツール(例)
5G、セルラーLPWA(LTE-M)といった最新の通信規格を使った検証設備に加え、各種センシングデバイスや、画像認識技術、
XR、AIなど最先端のテクノロジーによって実現される様々なソリューションを体感できるツールを備え、お客さま企業と
新たなビジネスを共創します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O7-s6x4ZZGh

2.先端テクノロジーを支援するパートナー
専門的なテクノロジーを有するプロフェッショナル集団とのコラボレーションにより、短期間で先進的な
ビジネスソリューションの構築をワンストップでサポートします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O5-aKe2PaOM

3.オープンイノベーションによる新たな価値創出
お客さま企業との共創によるビジネス開発に加え、スタートアップ企業の斬新なアイデアや先進的なテクノロジーを
取り入れた、オープンイノベーションによる新たな価値創出を実現します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047556-O6-ejXxnE8e

4.お問い合わせ
KDDI 法人営業担当者、KDDI まとめてオフィスグループ法人営業担当者または法人お客さまセンターにご連絡ください。
 <法人お客さまセンター>
0077-7051(無料)
0800-777-7051(無料)
受付時間 9:00~18:00(年末年始を除く)

※1 Minimum Viable Productの略:顧客にとって価値のある最小限の機能を持った製品。
  主に顧客からの感想・意見を収集するために作られることが多い。

以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ