プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社エヌ・エヌ・エー

インドネシアのモバイルペイメント市場が急拡大、NNA調査

2018年9月3日

株式会社エヌ・エヌ・エー

取引金額75%増、ユーザー数3.5倍

共同通信グループでアジアの経済・ビジネス情報を配信する株式会社エヌ・エヌ・エー(本社:東京都港区、代表:岩瀬彰、以下:NNA)は8月29日、インドネシアのキャッシュレス化の概況や主なモバイル決済事業者の経営実態に関する調査レポート「インドネシアにおけるモバイルペイメントの現状と展望 2018-2019」の販売を開始しました。

インドネシアでは15歳以上の人口の約5割が銀行口座を保有していません。また、クレジットカード保有率も2%と非常に低く、いまだ現金中心社会となっています。一方で、携帯電話普及率は91%と高く、フィンテック(ITを活用した金融サービス)の台頭により、モバイルを活用したキャッシュレス化に注目が集まっています。

調査結果の主なポイントは下記の通りです。

■2017年の電子決済取引金額は前年比75%増

インドネシア国内の電子決済市場は取引件数および取引金額ともに年々増加しており、2017年の取引金額は前年比75%増の12兆3,755億ルピア(約926億円)となっています。2018年はQRコード決済の認可を正式に取得した企業が増え、モバイルペイメントの加盟店舗を拡大していることから、取引件数や取引金額はさらに増加する見通しです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809037502-O1-IxS7W651

■主要企業5社合計の2017 年ユーザー数は前年の3.5倍

今回NNAが調査したモバイルペイメントアプリの2017 年のユーザー数は、TCASH、PAYPRO、OVO、E-CASH、XL TUNAI の5社合計で前年の3.5 倍と急増しています。アプリによっては6 倍以上の伸長率となっており、成長著しい市場であることがわかります。

【調査概要】

◇本レポートにおけるモバイルペイメントの範囲
口座入金、料金支払い、EC決済、小売店舗決済、飲食店決済、サービス購入、リワードプログラム、現金引き出し
※P2P送金、個人ローン、仮想通貨は対象外

◇調査対象企業
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809037502-O2-gq3Ev7Wf

◇販売価格
日本国内での販売価格は25万円(税抜き)。NNAの有料サービスの契約企業であれば15万円(税抜き)でお求めいただけます。形式はA4判の書籍で、日本国内であれば送料は無料です。詳細は下記のURLでご覧ください。

https://www.nna.jp/corp_contents/book/asean/180814/

なお、フィリピン、ベトナムに関する同様のレポートを2018年11月に発行予定です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ