プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

「釜石鵜住居復興スタジアム」客席にオカムラグループが協力

2018年8月30日

株式会社オカムラ

「釜石鵜住居復興スタジアム」客席にオカムラグループが協力

オカムラグループは、「釜石鵜住居復興スタジアム」(岩手県釜石市)のスタジアムベンチのデザインや部材、施工において協力しました。
株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)と、オカムラグループの株式会社エヌエスオカムラ(岩手県釜石市)は、「釜石鵜住居復興スタジアム」メインスタンド可動席のスタジアムベンチ160席の納入と、メインスタンド・バックスタンドにおけるスタジアムベンチ約5000席のデザイン・設計、スチール部材の製造・施工を行いました。
スチール製品の製造販売を主な事業とする株式会社エヌエスオカムラは、2011年3月の東日本大震災の被災により生産を休止しましたが、地域の方々のご支援のもと、2012年5月から操業を再開することができました。
オカムラグループは、エヌエスオカムラの生産活動を通じて地域とのつながりを深め、社会に貢献していきます。

□株式会社エヌエスオカムラ ウェブサイト http://www.nsokamura.co.jp/

■「釜石鵜住居復興スタジアム」スタジアムベンチにおけるオカムラグループ協力部分
・メインスタンド・バックスタンド固定席4990席のデザイン・設計、スチール部材製造・施工
・メインスタンド可動席160席の樹脂製ベンチ納入
・スタジアムベンチ強度試験

■「釜石鵜住居復興スタジアム」概要
名称:釜石鵜住居復興スタジアム
所在地:岩手県釜石市
施主:釜石市
設計:梓設計
施工:大成建設・新光建設 特定共同企業体
開場:2018年8月19日
席数:
①ラグビーW杯開催時(仮設席含む) 約16000席(予定)
 内訳:固定席4990席、可動席約1000席、仮設席約10000席
②通常運営時(仮設席撤去後) 6000席(予定)
 内訳:固定席4990席、可動席1010席

釜石鵜住居復興スタジアム
メインスタンド・バックスタンド固定席
メインスタンド・バックスタンド固定席
メインスタンド可動席
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ