プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

ETロボコン2018北陸地区大会開催を9月16日(日)に金沢工業大学 扇が丘キャンパスで開催

2018年8月28日

ETロボコン北陸地区実行委員会 事務局

ETロボコン2018 北陸地区大会開催!!
9月16日(日) 9:00~17:10 (開会式・競技は12:30開始)
会場:金沢工業大学 扇が丘キャンパス 多目的ホール

チャンピオンシップ大会を目指し、
地元 企業・学生9チームがチャレンジ!!

組込みシステム分野の若手人材育成を目的に行われているETソフトウェアデザインロボットコンテスト (愛称:ETロボコン、主催:一般社団法人 組込みシステム技術協会 )は、今年も北陸地区大会を開催致します。2002年UMLロボコンとして始まり、2005年からETロボコンとして組込み分野に注力し、今年で17回目の開催です。

今年のコースでは、画像解析など従来のETロボコンには無かった技術が要求されます。また、走行体が一新されたため制御プログラムの見直しが必須です。UML(システムの分析、設計などに用いられる表記法)を用い、本難所の分析・解法を記したモデル図(※)にも注目です!

地区大会は全国12地区にて開催され、各地区大会の優秀チームは、11月14日~15日に開催されるチャンピオンシップ大会(パシフィコ横浜、組込み総合技術展ET2018併催)に参加します。

※ソフトウェアの設計図。全参加チームのモデル図が会場に掲示されます。

◆北陸地区大会サイト http://hokuriku.etrobo.jp/
◆大会スケジュール
09:00 ~ 09:10 参加者受付
09:10 ~ 11:30 試走・車検
12:30 ~ 12:50 開会式
12:50 ~ 14:20 競技
14:40 ~ 16:40 モデリングワークショップ
16:40 ~ 17:10 表彰式
17:30 ~ 19:30 懇親会

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808287317-O1-58cYq9Bq
2017年北陸地区大会の様子

◆:金沢工業大学 扇が丘キャンパス 多目的ホール
お車でもご来場頂けます。
地図:http://www.kanazawa-it.ac.jp/about_kit/ogigaoka.html

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808287317-O5-y6QT455s
会場までのマップ

◆参加申込み方法
来場を希望される方は、以下のアドレスから来場事前登録をお願いします。
※事前登録はなくても見学可能ですが、大会の円滑な運営のため、事前登録にご協力をお願いします。
★ 一般見学者用  
https://www.etrobo.jp/2018/jizen/general_t.php
★ 報道関係者用  
https://www.etrobo.jp/2018/jizen/media_t.php

■■ 本リリースに関するお問合せ先 ■■
ETロボコン北陸地区実行委員会 事務局
〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
金沢工業大学 プロジェクト教育センター内(担当:平野)
TEL: 076-294-6734  FAX:076-294-6736
e-mail:etrc-chiku-hkr@etrobo.jp

————————
◆2018年度コンテスト方式
地区大会は全国12地区にて開催され、各地区大会の優秀チームは、11月14日~15日に開催されるチャンピオンシップ大会(パシフィコ横浜、組込み総合技術展ET2018併催)に参加します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808287317-O2-7QwCuE95

◆参加チーム数  318
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808287317-O3-0i1096OP

●「ET ロボコン」とは? (ETソフトウェアデザインロボットコンテスト 愛称:ETロボコン)
日本の産業競争力に欠くことのできない極めて重要な「組込みソフトウェア」分野における技術教育をテーマに、
レゴ マインドストームの車体で決められたコースを自律走行する競技です。同一のハードウェア(車体)のもと、
UML等で分析・設計したソフトウェアの技術を競うコンテストです。 ※UML(Unified Modeling Language)
企業エンジニアを含めたオープン参加型のソフトウェアを競うロボコンで、各企業・大学・団体との連携協力に
より開催されます。

◆競技内容 : ロボット走行システムの走行競技とモデル審査の総合で競います。
2部門3クラスあります。参加チームはいずれかのクラスに参加します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808287317-O4-4wdr7XC3
・デベロッパー部門 プライマリークラス
入門者、初級者向け。技術の基礎を学びチャレンジする機会を提供します。
競技、コースの難易度が低いクラスです。

・デベロッパー部門 アドバンストクラス
プライマリークラスの経験者および応用学習者向け。技術を応用できるスキルを磨く機会を提供します。
競技、コースの難易度が高いクラスです。仕様変更や動く難所にも対応します。
また、プライマリークラスとは異なる走行体を使用します。

・ガレッジニア部門
新しいものを生み出すことの出来る次世代の技術者育成」を目指したチャレンジ機会を提供します。
テクノロジーをベースに「新しい」「わくわくする」ものを作り、発表します。
審査項目は、発表内容、それを実現するための技術です。
※2018年度、北陸地区大会ではガレッジニア部門は開催しません。

主 催 : 一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)
企 画 運 営 : ET ロボコン実行委員会

2017年北陸地区大会の様子
2018年度コンテスト方式
参加チーム数
競技内容
会場地図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ