プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エバーシステム株式会社

ブロックチェーンゲーム「CRYPTONINJA」開発のエバーシステムが CEDEC2018にてゲーム開発について講演

2018年8月27日

エバーシステム株式会社

日本発のブロックチェーンゲーム「CRYPTONINJA」(クリプト忍者)開発のエバーシステム株式会社が
CEDEC2018にてゲーム開発の問題点とポイントについて講演

エバーシステム株式会社(名古屋市中区金山1-15-14-301 代表取締役 石田陽之)が7月31日にローンチしたブロックチェーンゲーム「CRYPTONINJA」(クリプト忍者)の開発経緯について、パシフィコ横浜で開催された日本最大のゲーム開発者カンファレンスであるCEDEC2018に講演者として登壇し、ブロックチェーンゲーム開発について講演しました。

CRYPTONINJA公式サイト https://cryptoninjagame.com/
CEDEC2018セッションページ https://2018.cedec.cesa.or.jp/session/detail/s5abdc9d293880

<講演内容>
CEDEC2018では、ブロックチェーンゲームについて、どのようなゲームに向いているのか、ブロックチェーンの仕組みをどの部分で取り入れて開発すべきかといった、ゲーム開発者が今後ブロックチェーンを活用したゲームを作成する際に参考になるように実際のゲーム開発の内容を交えて講演し、講演後も多くの開発者が具体的な方向性について講演者に質問する場面も見られました。

<CRYPTONINJAの特徴>
CRYPTONINJA(クリプト忍者)は、アイテムをイーサリアム上のERC721という規格で作成しており、このERC721で作られたアイテムは唯一のデジタル資産として管理をすることが可能になります。実際のゲームではこの資産でつくられた忍者と城をユーザーが持ち、忍者は城を攻め、城は忍者から攻められるのを守るために罠を仕掛けるという形で対戦をする戦略シミュレーションゲームとなっています。海外のブロックチェーンゲームを含め、デジタル資産をオークションで高く買うということだけを目的としたブロックチェーンゲームも多い中、CRYPTONINJAでは対戦要素を含め、ユーザーがゲームとして楽しめる内容を目指して開発しました。

<今後の展望>
ブロックチェーンゲーム開発を実際行い、ローンチしている事業者がまだ少ないことから、ブロックチェーンゲームに関する知見をより多くの事業者と共有し、よりブロックチェーンの特徴を活かしたゲームが今後生まれるように研究を進め、支援も行っていきたいと考えています。

<会社概要>
2017 年 8 月 3 日設立
ウェブサイト制作・システム開発・スマートフォン
アプリ開発を中心に名古屋市内にて創業。
代表取締役CTO 和田隆夫を中心に、
ブロックチェーン 技術についての研究開発も進める。
従業員数6 名(内非常勤3 名)

会場
講演者(和田隆夫)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ