プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイドードリンコ株式会社

「和果ごこち ゆずれもん」「和果ごこち 和梨ラ・フランス」新登場

2018年8月24日

ダイドードリンコ株式会社

季節を告げる “旬”の果汁を、飲み物にして手軽にお届け
「和果ごこち ゆずれもん」「和果ごこち 和梨ラ・フランス」新登場

 ダイドードリンコ株式会社は、2018年秋冬の新商品として、「和果ごこち ゆずれもん」を9月3日(月)より、「和果ごこち 和梨ラ・フランス」を9月10日(月)よりそれぞれ発売いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808227142-O1-mPtM4t8H

【「和果ごこち ゆずれもん」「和果ごこち 和梨ラ・フランス」のポイント】
◆消費者ニーズが多様化する現代において、飲料にも移り変わる季節に合わせた味覚が求められている。
◆指定農園で獲れた旬の広島県産の和梨果汁を使用した、秋を感じる「和果ごこち 和梨ラ・フランス」
◆旬の高知県産ゆずの果汁を使用した、冬にぴったりな味わいの「和果ごこち ゆずれもん」

●開発背景
 消費者ニーズが多様化する現代において、飲料にも移り変わる季節に合わせた味覚が求められていると、当社では考えております。
 「和果ごこち」ブランドでは、“旬”に搾った果汁のみを使用することで、果実本来の香りや甘みをお届けし、日本の四季を感じていただける商品を展開しております。
 今回、夏の「和果ごこち 日向夏サイダー」に続く新商品として、秋冬の「和果ごこち ゆずれもん」、「和果ごこち 和梨ラ・フランス」を発売。旬の果汁で日本の四季をお届けし、1年を通して愛されるブランドを目指してまいります。

●商品特長
「和果ごこち」ブランドのおいしさの秘密
旬の果実本来のおいしさがぎゅっとつまった“旬搾り仕立て”
「和果ごこち」ブランドでは、旬の時期に搾った果汁のみを使用。旬の果実本来の香りや甘みを   すっきりとした後味でお楽しみいただけます。

「和果ごこち ゆずれもん」
◆高知県産ゆず使用。秋冬にぴったりな柑橘系の心地よい香りと酸味
旬の時期に搾ったこだわりの高知県産ゆず果汁に相性のよいレモン果汁を加えることで、柑橘系果実の心地よい香りと酸味を実現。寒い冬の日のホット飲用にぴったりな味わいに仕上げました。

◆人工甘味料不使用
人工甘味料不使用で、後味すっきりな果実本来の自然な味わいを、はちみつの上品な甘さとともにお楽しみいただけます。

「和果ごこち 和梨ラ・フランス」
◆広島県産指定農園の和梨使用。秋を感じる芳醇な味わいと香り
広島県世羅郡の農園で育てられた、梨の中でも高い人気を誇る“幸(こう)水(すい)”の果汁を使用。和梨と相性の良いラ・フランスをバランス良くブレンドすることで、秋らしい芳醇な香りと味わいを実現しました。

◆人工甘味料不使用
人工甘味料不使用で、後味すっきりな果実本来の自然な味わいをお楽しみいただけます。

●商品概要
商品名 和果ごこち ゆずれもん
発売日 2018年9月3日(月)
容量  280mlPET 
希望小売価格 115円(税抜き)
販売チャネル 自動販売機・通信販売等

商品名 和果ごこち 和梨ラ・フランス
発売日 2018年9月10日(月)
容量  280mlPET 
希望小売価格 115円(税抜き)
販売チャネル 自動販売機・通信販売等

DyDoグループは、「こころとからだに、おいしいものを。」をスローガンに、高い品質に
いつもサプライズを添えて、「オンリーDyDo」のおいしさと健康をお客様にお届けします。

和果ごこち ゆずれもん 和果ごこち 和梨ラ・フランス
和果ごこち ゆずれもん
和果ごこち 和梨ラ・フランス
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ