プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エイピーピー・ジャパン株式会社

【エイピーピー・ジャパン株式会社】産業用紙分野でPEFC認証製品の取り扱いを開始

2018年8月22日

エイピーピー・ジャパン株式会社

エイピーピー・ジャパンが産業用紙分野でPEFC認証製品の取り扱いを開始

【2018年8月22日–東京】――エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:日暮格 以下、エイピーピー・ジャパン)は、従来から扱ってきた産業用紙製品の一部を順次PEFC認証製品に切り替えて参ります。これにより、情報用紙、印刷用紙、産業用紙の3つの分野でPEFC認証製品をお届けできるようになります。

PEFCとは、「環境と森林を保護しつつ、同時に産業を繁栄させること」を目的に発足した世界最大の森林認証システムであり、「森林管理 (SFM: Sustainable Forest Management)認証」と「加工・流通過程管理(CoC:Chain of Custody)認証」というふたつの第三者認証プロセスを通じ、製品の持続可能性を担保するものです。
「森林管理認証」は、認証林がPEFCの持続可能性基準に沿って適切に管理されていることを検証します。一方の「CoC認証」は、森林から最終製品まで認証材の足跡を辿ることで、最終製品に使用された木材が持続可能な森林管理が行われているPEFC認証林に由来する木材であることを保証します。

インドネシアと中国に本拠を置くAPPグループは、インドネシアと中国で広大な植林地を管理しており、その約90%がPEFCの「森林管理認証」を取得しています(2017年末時点)。
APPジャパンは2009年3月にPEFC-CoC認証を取得。大手事務用品通信販売企業のプライベートブランドとして、インドネシア製PEFC認証コピー用紙の販売を2016年3月下旬より開始したほか、2017年12月から自社ブランドのコピー用紙を順次PEFC認証製品に切り替えてきました。また、中国製の印刷用紙分野でもPEFC認証製品を取り扱っています。

現在、世界の最重要課題の一つである地球温暖化対策として、その原因である温室効果ガスを吸収する森林の保護は不可欠となっています。木材を原料とする紙製品にとっても、「責任ある調達」を行い、適切に管理された持続可能な森林を資源として製品をつくることが重要となります。APPグループは認証製品の提供を通じ、今後日本でもますます求められる「責任ある調達」を推進して参ります。

詳細については下記をご参照ください。

■対象商品
【高級白板紙】 NBスターアートボードプラス
【特殊白板紙】a) NB-Fold
       b) Allyking Cream
       c) Natural Deli
       d) Natural Hearty
■導入時期
2018年9月入庫分より順次切り替え

■その他特記事項
※ 導入による品質・規格の変更はございません。
※ インデントオーダーにてご購入頂いておりますお客様については、弊社担当営業より詳細をご案内させて頂きます。

なお、工場及び流通段階での在庫状況により、出荷に際して現行品とPEFC品が混在することがございます。ご不便・ご迷惑をお掛けすることと存じますが、ご理解・ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

<PEFCについて>
1999年に設立されたPEFCは、国際標準化機構ISO(認証)方式に沿って、独立した第三者認証を通じて持続可能な森林管理(SFM: Sustainable Forest Management)の推進に尽力している国際的な非営利および非政府組織です。林業における優れた慣行を促進し、森林の木材および非木材製品が最高水準の環境・社会・経済基準に準じて供給されていることを保証するため、森林のサプライチェーン全体を通じた取り組みを推進しています。       
SGEC・PEFCJ APAN: https://sgec-eco.org/

<APPジャパンについて>
エイピーピー・ジャパン株式会社(APPJ)は、インドネシアと中国を本拠とする総合製紙企業 APP グループの日本における販売会社です。1997 年の設立以来、20 年以上にわたり日本市場のお客様のニーズにお応えするため、印刷用紙、情報用紙、板紙、コピー用紙、文房具などの分野で、多様な紙及び板紙製品を提供しております。2016 年 4 月にインドネシア企業としては初めて日本経済団体連合会(経団連)に入会しました。
www.app-j.com/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ