プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アサヒ飲料株式会社

ぶどうポリフェノール健康レター

2018年8月21日

アサヒ飲料株式会社

猛暑スタート!
ぶどうポリフェノールで体の中からはじめる紫外線ケア

●今年は24年ぶりの猛暑日到来!

関東甲信越では、平年より22日も早く梅雨が明け、連日厳しい暑さが続きます。
日本気象協会によると、7月前半で35度以上が180地点を超えたのは1994年以来24年ぶりとなりました。
8月後半も平年よりも気温が高い酷暑が続き、高気圧による強い日差しが照り付けそうです。

気象庁の発表している,日にち別の最大紫外線量では既に、
1990年から2017年までの累年平均値を大きく超える日がほとんどです。

8月後半も紫外線量に注意が必要となりそうです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808106881-O7-83YS17QH
データの見直しなどで図が変わることがありますので、最新のものを御利用下さい。
●は観測値、細実線は1990年から2017年までの累年平均値を表しています。 
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_daily_uvindex_obs.html

●シミ・しわ・乾燥。お肌のトラブルを加速する紫外線

紫外線といえば、気になるのがお肌への影響。
紫外線は波長によって分類され、A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3種類が存在します。
日焼けは主にB波によって生じます。皮膚が紫外線を浴びると、その損傷から自己を守るために、
表皮という皮膚の最外層が厚くなって紫外線を遮ります。
また、色素を作る皮膚細胞のメラノサイトは、メラニンを多く作るようになり、
その結果皮膚の色が黒っぽくなります。

紫外線の影響は日焼けだけではありません。
皮膚の老化が早まるともいわれているのです。

長時間、紫外線にさらされることで生じる皮膚の変化は
「光老化」といいます。細かいしわ粗いしわ、不規則な色素沈着、
黄ばみ、ゴワゴワした質感なども生じてしまう可能性があります。

もちろん、皮膚の色素などにより、紫外線への耐性は人によって
さまざまです。しかし、多くの量を浴びてしまうと、誰にでも皮膚に変化が生じます。

(参考:MSDマニュアル家庭版「日光と皮膚障害の概要」)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808106881-O10-VJ6N2hpQ
正木, J. Soc. Cosmet. Chem. Jon.,
Vol.47, No.3, 2013, 197-201. より作成

●紫外線の害を抑えるポリフェノール

そんな、紫外線からお肌を守ってくれるのがポリフェノール。
ポリフェノールとは、「分子内にフェノール性水酸基を複数もつ植物成分」の総称です。

紫外線による酸化ダメージから、植物が身を守るために備わった機能であるとされており、
ヒトが受けた紫外線による活性酸素の害にも作用します。

特に、紫外線による肌への酸化ダメージにおいて注目のポリフェノールが、レスベラトロールです。

ぶどうのポリフェノールに含まれる成分で、摂取を続けることにより、
シミスコア、すなわち肌表面におけるシミの面積値の減少や、肌のメラニン色素量の減少も見られました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808106881-O11-dlwudq2W
※イメージ図

●ぶどうポリフェノールを摂るなら
「色の濃いぶどう」を「まるごとジュースで」

ぶどうにはレスベラトロールの他にも、タンニンやアントシアニンなど、
さまざまなポリフェノールが豊富に含まれています。
特に、子孫を残すための種子や、日によくあたる皮の含有量は高いです。

ポリフェノールの多くは色素成分であり、果皮の色が濃いほど、ポリフェノールは多く含まれています。
たとえば、ワインでも、色が濃いほど、抗酸化能は高くなります。
ポリフェノールをたっぷり摂りたいなら、白ぶどうよりも赤ぶどう、黒ぶどうのほうがおすすめです。

ぶどうジュースによく使用されるコンコードグレープは、
黒ぶどうの中でも特に皮の色が濃く、ポリフェノールを最も多く含む「種」のサイズが大きいのが特徴です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808106881-O4-eLAc0dFv
ワインのポリフェノール含量と活性酸素ラジカル消去能(SOSA)は相関係数0.9686と極めて
高く、ワインSOSAの本体がワインに含まれるポリフェノールであることが明らかとなった。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808106881-O5-dTQ7v9w0

特にオススメなのは種と皮をまるごと絞ったジュース。
ワインと同等のポリフェノール濃度が期待できます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201808106881-O9-09ET568b

佐藤充克先生
山梨大学大学院医学
工学総合研究部 
ワイン科学研究センター
特任教授・農学博士 

赤ワインもぶどうの種類や醸造の方法によって、含まれるポリフェノールの量は大きく異なります。
ぶどうジュースも製法によってジュースに残留するポリフェノール量は差があります。
赤ワインは果肉、種、皮をまるごと絞ってつくりますが、ぶどうジュースのなかでも、
種と皮をまるごと絞ったジュースを選ぶとよいでしょう。ワインと同等のポリフェノール濃度が期待できます。

ぶどうポリフェノールの情報がたっぷりのサイトはこちら!
「ぶどうポリフェノールライフ」
https://smile100.jp/grape/

※イメージ図
<日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ>
正木, J. Soc. Cosmet. Chem. Jon., Vol.47, No.3, 2013, 197-201. より作成
佐藤充克先生
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ