プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国立大学法人室蘭工業大学

高速走行軌道実験設備を用いたドラッグシュート開傘試験公開について

2018年7月18日

国立大学法人室蘭工業大学
航空宇宙機システム研究センター

高速走行軌道実験設備(ロケットスレッド設備)を用いたドラッグシュート開傘試験を
公開実施します。

国立大学法人室蘭工業大学(所在地:北海道室蘭市 学長:空閑 良壽)航空宇宙機システム研究センターでは、このたび高速走行軌道実験設備(ロケットスレッド設備)を用いたドラッグシュート開傘試験を実施します。
本ドラッグシュートは、本学で研究開発中の小型無人超音速実験機「オオワシ」着陸時の減速に用いられるもので、本試験を通じて得られた知見は取付け部の構造強度設計や開傘方式の妥当性確認などに活用されます。
レール上に置かれた台車はロケット加速により4秒で約時速150kmに達します。この状態でドラッグシュートを開傘し、開傘の安定性やブレーキ性能を評価します。

■日時:2018年7月25日(水) 13:00~ 
(天候不良の場合は前日に延期判断を行い本学ウェブサイト上で延期日程をお知らせします。)

12:30 実験場ゲート入場案内開始(14:00までにご入場ください)
13:00 試験概要の説明と質疑応答(報道機関の方向け)
13:45 走行前の状況見学(報道機関の方向け)
14:00 場内規制開始(この時間から場内規制解除までは規制エリア外に出られません)
14:30 ロケット推進剤充てん開始
15:00 走行予定
安全確認・場内規制解除後~16:00頃まで 試験終了後の説明・質疑応答
17:00 完全退場

※撮影地点や駐車位置については誘導員の指示に従ってください。
※学生への走行試験前のインタビューは場内規制解除後にお願いします。
※規制エリア外への撮影機材の配置は12:30~14:00の間にお願いします。

■場所:白老町北吉原512 室蘭工業大学白老エンジン実験場
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.muroran-it.ac.jp/aprec/shozaichi.html

小型無人超音速実験機「オオワシ」
高速走行軌道実験設備を用いた小型無人機の空力特性試験
オオワシ着陸時のドラッグシュート開傘による減速イメージ
研究開発中のエアターボラムジェットエンジン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ