プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

真宗大谷派

真宗大谷派が「第4回」エンディング産業展に出展   「生死」と「葬儀」の大切な意味を発信します

2018/8/10

真宗大谷派

真宗大谷派(京都・東本願寺)首都圏教化推進本部が、第4回エンディング産業展(8月22日~24日、主催:エンディング産業展実行委員会 / TSO International(株))に出展
人がいのちを終えていくことに対する、仏の教えに基づいた「生死」と「葬儀」の大切な意味を発信

 真宗大谷派(京都・東本願寺)首都圏教化推進本部は、第4回エンディング産業展(主催:エンディング産業展実行委員会 / TSO International(株))に出展します。

 エンディング産業展は、2015年からフューネラルビジネス・終活・葬儀・埋葬・仏壇・供養・終末関連のための専門展示会として開催され、毎年2万人を超える来場者を集めております。また、一方では「エンディング産業」という名の元、「人の死」に経済的価値を求め、さまざまな企業が葬儀や埋葬に関する事業に参入してきている状況があります。
 そのような状況の中で、仏教教団として人がいのちを終えていくことに対する、仏の教えに基づいた「生死」と「葬儀」の大切な意味と、そのメッセージを発信する機会として本展示会に出展します。なお、会期中3日間は、ブースでは「摸擬葬儀デモンストレーション」や「セミナー」を実施いたします。

(1)日時/会場:2018年8月22日(水)~24(金)、東京ビッグサイト東7ホール
(2)ブース内セミナー内容
  ①「模擬葬儀デモンストレーションと荘厳儀式作法の意味」
  ②「通夜・葬儀・法事は誰のために勤めるのか」 
  ③「本尊と仏壇と墓石」 
  ④「法名」と「終活」 -仏の教えに生きる 

【本件に関するお問い合わせ】
真宗大谷派 首都圏教化推進本部
[TEL]03-5393-0810
[E-mail]info@shinshu-kaikan.jp
 担当:小林・藤井

真宗大谷派出展ブースイメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ