プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オムロン株式会社

業界初の照明技術を搭載した 画像処理システム「FHシリーズ」を発売

2018年7月30日

オムロン株式会社

業界初の照明技術を搭載した
画像処理システム「FHシリーズ」を発売
-人の目に代わり微小な欠陥、色むら検査の自動化を実現-

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁、以下オムロン)は、従来、人の目に頼らざるを得なかった外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム「FHシリーズ」を2018年8月1日よりグローバルで順次発売します。「FHシリーズ」は、業界で初めて検査対象物の特徴に応じて光の角度や色を調整できる「MDMC(Multi Direction Multi Color)照明」により、これまで人の目でしかとらえられなかった色差の低い欠陥の検出や、特徴の異なる欠陥の同時検出を実現します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201807276419-O1-lJ2720E6
【拡充した画像処理システム「FHシリーズ」】
近年、モノづくりの現場では品質要求の高まりを受け、製品のキズや欠陥を検査員の目視によって検査する工程が増加する一方、労働力不足が深刻化し、目視検査に従事する検査員の確保が困難になっています。このような背景の中、画像処理システムによる検査では、作業者の疲れや集中力の低下などの影響を受けずに検査品質を維持できるうえ、不良発生時の原因究明や対象範囲の特定を容易にできる目視検査の自動化への要求が高まっています。

オムロンでは、モノづくり現場を革新するコンセプト”i-Automation”を通じて、世界中のモノづくり現場における課題解決に取り組んでいます。このたび発売する「FHシリーズ」は、「MDMC照明」の導入に合わせて、コントローラーとカメラを刷新し、人の目では判別がつかない検査対象の微小な差異を定量的に検出・判断し、検査結果の数値管理を可能にします。近年、医薬品業界などで法規制化が進む「検査結果の全数保存」にも、処理速度の高速化と、各種制御機器との通信ネットワークを介した高い同期性によって、生産性を落とすことなく対応します。さらに、ソフトウェアによるシーン切替え機能を用いて「MDMC照明」の照明条件を自在に変更し、従来は照明の追加や再調整が必要であった生産品目の変更や需要変動による検査項目の追加、変更にも柔軟に対応します。「FHシリーズ」により、モノづくり現場の安定した品質確保と生産性の向上に貢献します。

【主な特長】
1.人の目でしか検出できなかった欠陥も検出可能
●照射光の色や角度を自在に調整できる「MDMC照明」を開発
●異なる角度から照明を当てた500万画素以上の高解像度画像を合成することで、凹凸のある欠陥を浮かび上がらせ、混同しやすい検査対象物の模様からキズのみを抽出する「照度差ステレオ処理」を搭載
●コントラストの低い薄いシミや線キズなどをソフトウェア処理で強調して検出可能にする「前処理フィルタ群」を追加搭載

2.高速・高精度な位置決めを簡単にサポート
●オムロンセンテック株式会社が有する産業用カメラの小型化技術とオムロンが培った高速画像処理技術により、8000万画素※1に及ぶ業界最高解像度画像を用いた広視野での位置決めが可能
●マシンオートメーションコントローラーやサーボモーターといった各種制御機器と組み合わせ、更なる高速高精度な位置決めを「ビジュアルフィードバック」で実現。「FHシリーズ」が検出した位置データをモーターに高速フィードバックすることで、これまでステージの振動や搬送時の細かな位置決め誤差で生じていたリトライの発生を防止し、1ミクロン単位の位置決めを従来比3倍の速度で実行
●各社ロボットメーカーの産業用ロボットと画像処理システムを接続して使用する「ピックアンドプレース」などのアプリケーションの立ち上げ時に必要な、ロボットとの通信設定やフローメニューの作成が不要になる「ロボットビジョン設定ツール」を搭載

3.検査結果の全数保存に対応
●検査計測を実行するコントローラーの性能強化により、従来比2倍以上の圧倒的な高速処理を実現し、高速検査や検査結果の全数保存を実現
●「EtherCAT(R)※2」通信により、マシンオートメーションコントローラーのデータベースに直接、検査結果を保存でき、検査時の画像データと検査日時やロットといった検査情報と検査結果を、簡単にひも付けて保存が可能

オムロンは、新しい「FHシリーズ」を通じて、 “i-Automation!”を顧客企業各社と共に加速させ、製造現場の生産性と品質管理力を飛躍的に向上させてまいります。

※1 8000万画素の画像は、最大4つの2040万画素カメラで同時に撮像・転送した画像を1枚の画像に合成したものです。
※2 EtherCAT(R)は、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。

<i-Automation!"について>
オムロンは、これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から、各種コントローラー、サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器、産業用ロボットまで幅広い機器を有し、これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供してきました。現在は、こうした技術と機器群をベースに、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。

<オムロン株式会社について>
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、http://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

FHシリーズ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ