プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社公文教育研究会

絵本『わたしの森に』刊行

2018年7月27日

株式会社 くもん出版

詩人 アーサー・ビナード×絵本作家 田島征三が初コラボレーション
絵本『わたしの森に』刊行

くもん出版(代表取締役社長 志村直人)は、絵本『わたしの森に』を刊行いたします。作者は、日米を越境する創作活動で注目される詩人アーサー・ビナード氏と、日本を代表する絵本作家の田島征三氏です。ふたりは、新潟県十日町市で開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」にむけた、「絵本と木の実の美術館」での作品共作を通じて、初コラボレーション。アート作品とともに、読む人の自然へのまなざしを「脱皮」させるような、美しい絵本『わたしの森に』が生まれました。

■あらすじ
まんまん むんむん しんしんしん 森の おくから こえが きこえる……わたしは だれ?
森の嫌われもの、マムシ。でも、マムシの側から見ると、世界は全く違っています。春を待つ雪の下の気持ち、熱を感知する「むんむんの目」でとらえた闇の世界、命をつなぐ営みの美しさ、めくるめく時の流れ。一匹の雌マムシの目で見た雪国の春夏秋冬を、命のエネルギーがほとばしる絵と、森の声を響かせた言葉で描く絵本です。

■「絵本と木の実の美術館」でのコラボレーションから生まれました
2009年、新潟県十日町市鉢集落に開館した田島征三氏の「絵本と木の実の美術館」。今回「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018」での企画展にむけたコラボレーション作品制作のため、アーサー・ビナード氏が鉢集落を2年にわたって訪れました。雪国の四季とくらしを体験するなかで、ふたりは「マムシ」というテーマを見出します。多くの力を結集して完成した巨大なアート作品『カラダのなか、キモチのおく。』は、65メートルのマムシトンネルと小川からなる、青空の下の「空間絵本」です。本書は「同じ生態系の中で発見した物語」として、アート制作と同時に生み出されました。1冊の絵本としてももちろんのこと、美術館の作品とともに味わうことで、より深く「マムシ」を体感できます。

絵本と木の実の美術館
夏の企画展覧会『カラダのなか、キモチのおく。』
公開期間2018年7月29日(日)~9月17日(月・祝)10:00~17:30(会期中無休)
美術館HP http://ehontokinomi-museum.jp/
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018HP http://www.echigo-tsumari.jp/artwork/inside_me

※期間中、スペシャルトークイベントを開催 
2018年9月1日(土)14:00~ 場所:十日町情報館
詳細・申込はこちら→ http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20180901_1

■アーサー・ビナード氏「作者のことば」より抜粋
森を歩き回りながら田島さんと語り合い、マムシの存在が自然とぼくらの前に立ち上がってきた。耳をすましてその静かな声を聞きとろうとして、いつしかマムシが主人公の絵本の創作が始まっていた。(中略)田島さんの絵をトンネルにしてみんなでマムシの森へ潜り込み、いくらかニンゲンを脱皮できたらおもしろいと思う。向こう側から世界が違って見えるし、もし読者といっしょにマムシの声まで聞きとれたら、どんなにうれしいか。

【著者情報】
アーサー・ビナード
1967年、米国ミシガン州生まれ。コルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社) 『ドームがたり』(玉川大学出版部)で日本絵本賞、『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

田島征三
1940年、大阪府に生まれ、高知県で幼少期を過ごす。伊豆半島に住み、絵本を作りながら、新潟県十日町市に「絵本と木の実の美術館」を、香川県大島に「青空水族館」をプロデュース。『ちからたろう』(ポプラ社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、『ふきまんぶく』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、『とべバッタ』(偕成社)で絵本にっぽん賞・小学館絵画賞等、受賞多数。エッセイ集に『絵の中のぼくの村』(くもん出版)がある。2018年国際アンデルセン賞候補。

【書誌情報】
『わたしの森に』ISBN978-4-7743-2796-9
【対象】幼児から
【体裁】A4横判・32ページ
【定価】1,400円+税
【発行】くもん出版
【発売日】2018年8月2日

田島征三氏とアーサー・ビナード氏
『わたしの森に』表紙
『わたしの森に』中面
『カラダのなか、キモチのおく。』イメージスケッチ(田島征三/画)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ