プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

東南アジア初、「「Evernote Business」のタイにおける販売を開始

2018年7月19日

株式会社NTTドコモ

東南アジア初、「Evernote Business」のタイにおける販売を開始

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とEvernote Corporation(以下、Evernote)、
丸紅ITソリューションズ株式会社の子会社であるMarubeni Software & Technology(Thailand)Co., Ltd.(以下、MSTT)の3社は、Evernoteが提供するビジネス向けクラウドサービス「Evernote Business」の販売代理店契約を東南アジアで初めて締結し、2018年7月20日(金)からMSTTを通じてタイのお客さまへの販売を開始いたします。

Evernote Business お申し込みページ:
https://evernote.com/intl/jp/business/partners/partners-thailand

 「Evernote Business」は、会社やチームの生産性向上および業務効率化に役立つサービスです。このたび、ドコモ現地法人子会社であるMobile Innovation Co., Ltd.(以下、MI)とMSTTが連携することで、お客さまはサービス導入および運用のサポートを受けることができるようになります。また、従来のお支払い方法はクレジットカードのみでしたが、MSTTを通して購入することで、請求書でのお支払いも可能になります。さらに、ERPシステム、BIソフトウェア、ITインフラ構築をはじめとした多くの商材を扱うMSTTを介することで、お客さまのビジネス上の課題を解決する包括的なソリューションを提案することが可能になります。

 経済成長に伴い、アジア太平洋(APAC)諸国のクラウドサービス需要が今後拡大していくことが予想される中で、特にバンコクをはじめとする都市部における1人当たりのGDPが高く、十分な市場規模があるタイを手始めに事業を開始いたします。ドコモは日本で得た知見・ノウハウを基に、ドコモ現地法人であるMIを通じてMSTTの活動を支援してまいります。

 ドコモとEvernoteのパートナーシップは、2009年のドコモの米国コーポレート・ベンチャー・キャピタルによるEvernoteへの出資から始まりました。2010年にはEvernoteの個人向け有料サービスである「Evernote Premium」をドコモユーザーに無償提供する業務提携を開始しました。2014年には世界初の「Evernote Business」の販売代理店契約を締結し、共同でクラウドサービスの価値を日本で広めてまいりました。今後はMSTTの協力を得て、タイなど海外でも「Evernote Business」の拡大に努めてまいります。

【各社の役割】
ドコモ:ドコモ現地法人であるMIを通じてMSTTを支援
    (タイのお客さまのEvernote Businessの導入・運用のサポート、請求書でのお支払い対応)
Evernote:Evernote Businessの提供
MSTT:タイのお客さまのEvernote Businessの導入・運用のサポート、請求書でのお支払い対応

【会社概要】
NTTドコモ
 会社名 株式会社NTTドコモ
 代表者 代表取締役社長 吉澤 和弘
 所在地 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
 資本金 9,496億7,950万円(2017年3月31日現在)
 設立年月日 1992年7月1日
 従業員 単独7,767名、連結27,464名(2018年3月31日現在)
 主な事業内容    ・通信事業
            ・スマートライフ事業
            ・その他の事業

Evernote Corporation
 会社名 Evernote Corporation
 代表者 CEO クリス・オニール
 所在地 305 Walnut Street, Redwood City, CA 94063,United States
 設立年月日 2008年
 従業員 336名
 主な事業内容 クラウドアプリケーションおよびクラウドプラットフォームの開発・提供

Marubeni Software & Technology (Thailand) Co., Ltd.
 会社名 Marubeni Software & Technology (Thailand) Co., Ltd.
 代表者 Managing Director 石井 透
 所在地 11th floor, Sindhorn Building, Tower II 130-132 Wittayu Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok, Thailand
 資本金 10,000,000 Baht
 設立年月日 1989年10月
 従業員 35名(2018年3月31日現在)
 主な事業内容 ・システム開発・構築(ERPシステム、BIソフトウェア)
           ・ITインフラ導入、運用保守サービス

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/index.html

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ