プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ブリヂストン

【ブリヂストン】タイヤ性能試験の無人自動運転化に向けた開発プロジェクトを開始

2018/07/18

株式会社ブリヂストン

【ブリヂストン】タイヤ性能試験の無人自動運転化に向けた開発プロジェクトを開始

 株式会社ブリヂストンは、株式会社ZMPと車両を用いたタイヤ性能試験の一つであるタイヤ騒音試験を無人自動運転化するため開発プロジェクトを開始しました。このプロジェクトは当社のタイヤ性能試験の知見を取り入れた自動運転システムの開発をZMP社に委託するものです。現在、当社プルービンググラウンド(テストコース)内において有人自動運転走行を達成しており、2019年にはSAEレベル4の無人自動運転走行によるタイヤ騒音試験の実用化を目指しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201807176066-O1-se2hG1W4

 当社は、現在プルービンググラウンドにおいて、テストドライバーが運転する車両を用いた様々なタイヤ性能試験を行っています。この度、ZMP社とタイヤ性能試験の一つであるタイヤ騒音試験をSAEレベル4の無人自動運転化するための開発プロジェクトを開始しました。
 本プロジェクトにおいては、ZMP社の自動運転車両「RoboCar® MiniVan」をベースに、当社のタイヤ性能試験の知見を取り入れて、プルービンググラウンド内の移動とタイヤ騒音試験に必要な走行を自動化するための技術開発を同社に委託しています。
 現在、当社プルービンググラウンドにおいて有人自動運転走行を達成しており、2019年には有人運転車両と共存したSAEレベル4の無人自動運転車両複数台によるタイヤ騒音試験の実用化を目指しています。

 近年、ヨーロッパやアジア、日本など世界各国・地域においてタイヤの騒音規制が導入されるなど、タイヤの環境性能の一つとして車が走行する際のタイヤ騒音の低減が求められています。本プロジェクトは、人のスキル・ノウハウに依存しない自動運転車両を用いたタイヤ騒音試験を導入することで、性能評価の精度向上・効率化が可能になり、タイヤ製品の更なる品質向上にもつながるものです。また、将来的には本プロジェクトで得られる知見を、自動運転車両を含めた次世代車両向けのタイヤ開発にも活かしていきたいと考えています。

※自動運転レベルの定義については下記ウェブページを参照。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20170530/roadmap.pdf

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ