プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キッコーマン株式会社

麹の力でうま味やコクをアップした“発酵だし”!「発酵だし あごだし鍋つゆ/焙煎ごま鍋つゆ」新発売!

7月17日

キッコーマン株式会社

麹の力でうま味やコクをアップした“発酵だし”を使った鍋つゆ!
「発酵だし あごだし鍋つゆ/焙煎ごま鍋つゆ」新発売!

キッコーマン食品株式会社は、8月6日に、「キッコーマン 発酵だし あごだし鍋つゆ」「キッコーマン 発酵だし 焙煎ごま鍋つゆ」を全国で新発売します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201807176002-O1-Ifz06lGU

「発酵だし」鍋つゆシリーズは、だし原料のかつお節とおから(大豆由来)を当社独自の麹に漬けて発酵させてからだしをとった、“発酵だし”を使用した鍋つゆです。化学調味料無添加です。
“発酵だし”は、今回の新商品の発売にあたり、当社独自の技術で新たに開発したものです。かつお節とおから(大豆由来)を麹の力を使って発酵させることで、それぞれに含まれるタンパク質が、うま味やコクのもととなるアミノ酸やペプチド(*1)といった成分に分解されます。
アミノ酸やペプチドを多く含んだだし原料からとった“発酵だし”は、うま味成分を多く含み、コク深い味わいです。

「発酵だし あごだし鍋つゆ」「発酵だし 焙煎ごま鍋つゆ」は、どちらも絹ごし豆腐を加えてよく煮込むと、豆腐がスープにとろけてクリーミーな味わいになります。アルカリ性のお湯で煮ると豆腐が溶けやすくなる「温泉湯豆腐」を参考にしています。

「発酵だし あごだし鍋つゆ」は、“発酵だし”に、香り高く風味豊かな焼きあごだしを合わせました。うま味がありながらもすっきりとした味わいで、具材の味を引き立てます。シメは、ご飯と卵を入れた「あごだし雑炊」がおすすめです。

「発酵だし 焙煎ごま鍋つゆ」は、“発酵だし”に、焙煎した2種類のごま(ねりごま、切りごま)とじっくり煮出した鶏がらだしを合わせました。シメは、うどんを入れた「クリーミーごまうどん」がおすすめです。お好みでチーズやラー油を加えると、違った味わいも楽しめます。

昨年の鍋つゆを購入した世帯を人数別に見てみると、2人世帯が最も鍋つゆを購入している事がわかりました(*2)。また、当社の調査によると、世帯人数が3~4人の場合でも、約半数が2人で鍋料理を食べる機会があることがわかりました。「発酵だし」シリーズは、2人前×2袋入りの濃縮タイプなので、2人前から人数に応じてお使いいただけます。
2人前×2袋を使うと840gの液量になるので、4人で召しあがった際にも、シメまでたっぷりお使いいただけます。

(*1)ペプチドとは、タンパク質を分解して得られる、アミノ酸がいくつかつながった成分です。うま味やコクのもととなります。
(*2)「鍋つゆ世帯人数別 金額構成比」SCI全国、2017年9月~2018年2月

                記
1.品名及び内容量、価格(消費税別)
品 名   キッコーマン 発酵だし あごだし鍋つゆ
      キッコーマン 発酵だし 焙煎ごま鍋つゆ
内容量   340gパウチ
希望小売価格 360円
※上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売日 2018年8月6日
3.販売地域 全 国
4.消費者お問い合わせ先 キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358

以上

発酵だし 鍋つゆ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ