プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通、ラテンアメリカにおけるデジタルマーケティングサービスを強化

2018年7月12日

株式会社 電 通

電通、ラテンアメリカにおけるデジタルマーケティングサービスを強化
―アルゼンチン独立大手デジタルエージェンシー「グローバルマインド社」株式100%取得―

  株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、アルゼンチンの独立系大手デジタルエージェンシー「Global Mind S.A.」(本社:ブエノスアイレス市、創業者兼CEO:Marcelo Montefiore、以下「グローバルマインド社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

  2001年に設立されたグローバルマインド社は、デジタルマーケティング戦略の策定、デジタル広告の制作・配信、運用型広告の実施・検証、ソーシャルメディア活用、SEM(検索エンジンマーケティング)、SEO(検索エンジン最適化)、データ管理・分析など、デジタルマーケティング領域全般のサービスを提供することで成長を遂げてきました。
  現在では約120名の社員を抱え、米国マイアミ市にも営業拠点を構えて、アルゼンチンのみならずラテンアメリカ地域全般で専門性の高いサービスを提供しており、大手デジタルエージェンシーとしての地位を確立しています。

  株式取得後、当社はグローバルマインド社を、当社グループのグローバルネットワーク・ブランド※の1つでデジタルパフォーマンス(運用型広告)領域に強みを持つiProspect(アイプロスペクト、本拠地:英国ロンドン市)と連携させることで、アルゼンチンを基点にラテンアメリカにおけるデジタルマーケティング関連サービスの強化と事業規模の拡大を図ります。
  当社は本年4月に、ラテンアメリカにも事業展開する米国M8社、およびチリ・ホワイトラベル社の買収を行いましたが、今回のグローバルマインド社の買収により、当社グループの同地域における成長戦略をさらに加速させていきます。

なお、本件が当社の2018年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(本社:英国ロンドン市)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu (Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【グローバルマインド社の概要】
社名:Global Mind S.A.(グローバルマインド社)
本社所在地:アルゼンチン・ブエノスアイレス市(米国マイアミ市にも営業拠点を持つ)
設立:2001年1月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):3億2,700万アルゼンチン・ペソ(約13.3億円)(2017年12月期)
代表者:Marcelo Montefiore(創業者兼CEO)
従業員数:約120名
事業内容:デジタルマーケティング領域全般のサービスを提供

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ