プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ランゲージワン株式会社

ランゲージワンは西日本集中豪雨の被災地に対し『緊急災害通訳サービス』を無償提供いたします

2018年7月10日

ランゲージワン株式会社

ランゲージワンは西日本集中豪雨の被災地に対し『緊急災害通訳サービス』を無償提供いたします

多言語対応コンタクトセンターを運営しているランゲージワン株式会社(代表取締役社長:新井純一、本社︰東京都渋谷区)は、2018年7月6日(金)より、西日本集中豪雨の被災地の自治体、ならびに公共施設等への災害支援サポートとして、【専用電話および専用メールによる24時間対応の多言語対応通訳サービス】を無償にて提供いたします。

24時間対応の無償サービス受付窓口は下記の通りです。

【緊急災害通訳サービス】
・対応言語:12ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201807105836-O1-0RRv90O5
 ■緊急災害電話通訳ダイヤル:03-6436-3677
 ■緊急災害翻訳受付メール:translation@languageone.qac.jp

・電話機の受け渡しによる通訳サービスになります。
 ※通話料はお客さまのご負担になります。
 ※録音、対応報告などはご提供いたしかねます
 ※事前の予告なしにサービスを終了させていただく場合があります。

キューアンドエーグループは、今後も当グループの強みであるサポートサービスを被災地の皆さまにお届けすることで、一日も早い復興に向けグループ一丸となって支援活動に取り組んでまいります。

【免責】
・当社は本サービスで提供する通訳の内容に関して正確性と最新性の確保に努めますが、その完全性に関してはいかなる保証をするものではありません
・これらの情報の内容が正確・確実なものであるかどうか、有用なものであるかどうか、サービス利用者の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうかなどにつきましては保証いたしません
・また、当社はサービス利用者が本サービスの通訳情報を使用されたこと、もしくはご使用になれなかったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません
・当社は予告なしに本サービスの提供を中止または終了することがあり、サービスの中止または終了によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません

【本リリースに関するお問い合わせ】
ランゲージワン株式会社
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
お問い合わせフォーム:
https://www.languageone.qac.jp/contact/

ランゲージワン緊急災害電話通訳ダイヤル
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ