プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国立大学法人東京芸術大学

東京藝術大学×パリ国立高等美術学校グローバルアート共同プロジェクト2018

2018年7月6日

東京藝術大学

東京藝術大学×パリ国立高等美術学校
グローバルアート共同プロジェクト2018
ART AS EXPERIMENT:Performing the School |
アートは実験であり、学校はパフォーミングの場である

■ 概要
芸術とは実験である。実験の場として最も有効な場所が、学校である。
新たな作品を発想するための豊かな環境づくり、その一つは、つねに実験できる場をつくっていくことだ。学校は豊かな実験の場となり得る。

本企画は、東京藝術大学とパリ国立高等美術学校の国際色豊かな学生18人と教員4人が、コラボレーションを通してダンス・パフォーマンス・インスタレーションの実験の場を作り、そこで制作した作品を発表するものです。

5週間に亘る交流期間中、両校の学生はエマニュエル・ユイン教授(コンテンポラリーダンサー・振付家)と毛利悠子講師(ビジュアル・アーティスト)による共同ワークショップに参加しました。参加学生は5月にパリ国立高等美術学校で出会い、即興的なムーブメントの構成を実践。7月には東京藝術大学の取手校地と上野校地にて、パリで得た経験を展開させ、作品として草月プラザでの発表につなげます。

草月会館は1958年の草月アートセンター設立以来、音楽やパフォーマンスも含め多数の実験的な芸術活動を紹介する場でした。今回、草月会館のご協力を得て、私たちの実験を草月プラザで発表できることとなりました。

2016年4月に新設された東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻(GAP専攻)では、アーティストがより多様で大きな世界の一員として、社会実践(ソーシャルプラクティス)を行う存在になることを目指しています。GAP専攻とパリ国立高等美術学校は、GAP専攻設立初年度よりグローバルアート共同プロジェクトを実施しています。

学生、教員、そして両校のビジョンが交差し、美術教育と実験の交差するこの取り組みの成果に、どうぞご期待ください。

■ 企画概要
日付:2018年7月21日(土)
時間:17:30開場、18:30開演
※草月プラザ開館時間9:30より、インスタレーションなど一部作品を公開します。
会場:草月会館1F 草月プラザ 石庭「天国」
   入場無料
主催:東京藝術大学 × パリ国立高等美術学校
企画:東京藝術大学 × パリ国立高等美術学校グローバルアート共同プロジェクト2018 パリユニット
協力:一般財団法人草月会 、Institut Français Ministèrede l’Europe et des Affaires
   Etrangères et Ministère de la Culture、株式会社ルピシア
GAP ウェブ: http://gap.geidai.ac.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ