プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

KDDI “三太郎シリーズ”新CM  織ちゃんの元彼 『彦星』が登場!

2018年7月6日

KDDI株式会社

あの人に良く似た、織ちゃんの元彼 『彦星』が登場!!
別れても年に1回は会うという関係に、“今カレ”金ちゃんは嫉妬の嵐!?
『七夕ラッキーくじ』 新CM 「あたらしい七夕」篇
2018年7月6日(金)よりOA開始

KDDI、沖縄セルラーは、『七夕ラッキーくじ』の新CMとしてauの“三太郎シリーズ” 「あたらしい七夕」篇のTVCMを、2018年7月6日(金)より全国で放映開始します。
新CMは、織姫が“元彼”彦星と再会するストーリー。浦ちゃんの家づくりの様子を見に来た織姫の元へ、一寸によく似た男性が現れます。その姿に「え、一寸?」と戸惑う三太郎。織姫が「あ、こちら“元彼”の彦星くん」と男性を紹介すると、紹介された男性は「彦星です」と挨拶をします。 “元彼”というワードに金太郎が動揺を隠せない中、彦星が「別れても年に1回は会うことにしてまして…」と話すと、「あー、今日七夕じゃん!」とあっけらかんとした様子の織姫。彦星が「はい!」と答え、「忘れてたー、ハハハ(織姫)」と盛り上がる2人を見て、桃太郎と浦島太郎は「七夕って…(桃太郎)」「こんな感じなんだね(浦島太郎)」と呆気にとられます。
本CMを通じて、au STAR会員のお客様の中から、抽選で7万名の方に7GBのデータ容量をプレゼントする『七夕ラッキーくじ』の魅力を訴求していきます。

『七夕ラッキーくじ』 新CM 「あたらしい七夕」篇
【CMストーリー】
浦ちゃんの家をつくっている三太郎。そこへ「みんなで何つくってるの?」と織姫がやってきます。金太郎が「浦ちゃん家!」と答えると、「へぇー」と関心したように作業を眺める織姫。すると、「織ちゃん!」と一寸とよく似た顔の男性が織ちゃんに声を掛けます。織姫が「あ、久しぶり~!」と男性のもとに駆け寄るも、「え、一寸?(桃太郎)」と、その姿に戸惑う三太郎。織姫は「こちら“元彼”の彦星くん」と男性を紹介すると、紹介された男性は「彦星です」と丁寧に挨拶をします。いまいち状況を読み込めない桃太郎と浦島太郎が、「え、彦星?(浦島太郎)」と戸惑いの表情を浮かべる中、「もも、元彼!?」と、“元彼”というワードに動揺が隠せない様子の金太郎。彦星が「別れても年に1回は会うことにしてまして…」と話すと、織姫は「あー、今日七夕じゃん!」とあっけらかんとした様子で彦星の肩を叩きます。彦星が「はい!」と答え、「忘れてたー、ハハハ(織姫)」と盛り上がる2人を見て、「七夕って…(桃太郎)」「こんな感じなんだね(浦島太郎)」と呆然とする桃太郎と浦島太郎。仲の良い2人を見て怒りを抑えている金太郎を気にもせず、織姫と彦星は「もう一年経った?(織姫)」「はい!(彦星)」と楽しそうに話しています。そんな姿を見ていられず、彦星の正面へ行き、「どうも、今カレです!」とアピールする金太郎。彦星が「で、ではまた来年!」と慌ててその場を去ると、織姫が「じゃあね~!」と手を振ります。そんな様子を見て終始呆気にとられていた桃太郎と浦島太郎は「一寸じゃないけど…(浦島太郎)」「一瞬だったね…(桃太郎)」と口にするのでした。
新CMはau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
(YouTube公式チャンネル) http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial
(YouTube) https://youtu.be/FTxJYu2HwRY
さらに、三太郎スペシャルサイトでもご覧いただけます。 
(PC/SP) https://www.au.com/pr/cm/3taro/

【撮影エピソード】
久しぶりの一寸登場と思いきや彦星?しかも、織ちゃんの元カレ?さらに、これが七夕?と驚きが連続する今作品。
突然現れた彦星に、状況を読み込めない三太郎。彦星を怪しく見つめる桃ちゃんや、浦ちゃんの「ひ、彦星!?」のリアクションは笑わずにはいられませんでした。さらに、彦星を一寸だと思い込む桃ちゃんと浦ちゃんは、正体を暴こうとアドリブも連発。彦星も久しぶりながら、見事にアドリブに対応していました。また、金ちゃんの彦星に対する動揺とライバル意識もクスッと笑ってしまいます。最後、去っていく彦星を追いかけながら追い払う金ちゃんのアドリブに、撮影現場は笑いに包まれました。
僅かな晴れの合間を縫った撮影でしたが、その短い撮影時間で監督の求めるテイクを出していく三太郎と織ちゃん、そして彦星の演技は圧巻でした。

「七夕ラッキーくじ」について
KDDIでは、七夕を記念して、au STAR会員のお客様の中から、抽選で7万名の方に7GBのデータ容量をプレゼント(注1)します。なお、こちらのエントリーにつきましては、2018年7月31日時点で下記の条件をすべて満たすお客様を自動エントリーさせていただきます。
【条件】
①au STAR会員であること
 ※「au STAR」について詳しくはこちら http://star.auone.jp/austar/service_page.html
②4G LTEスマートフォンまたは4G LTEケータイをご利用中であること(注2)
③データチャージご加入中であること(注3)

詳細は、auホームページからご確認ください。
https://www.au.com/pr/tsukurou/lucky7/?bid=we-dcom-tsukurou-0003

注1)当選されお客様へは、2018年8月中旬以降にEメールでお知らせします。
データ容量は「データプレゼント」としてお贈りします。お贈りしたデータプレゼントは、2018年9月末日までに「デジラアプリ」でお受け取りいただくことができます。
注2)mamorio4、mamorino Watch は対象外です。また、3Gスマートフォン、3Gケータイも対象外です。
注3)データチャージ対象の4G LTEデータ定額サービス、料金プランにつきましてはこちら
http://www.au.com/mobile/charge/data-option/data-charge/#target-model
をご確認ください。

「自作自演動画」概要
【前野さんの三太郎CMに対する熱意が止まらない!「自作自演動画」について】
公式YouTubeチャンネルでは6月26日(火)より、三太郎シリーズに一寸役として出演していた前野朋哉さんが“元彼”彦星として出演するきっかけとなった、本人出演による再現ドラマ「自作自演動画」を公開中です。
「雷おこし」篇にて、当たりの雷おこしを引いて小さくなって以来、すっかり姿を消してしまった前野さん演じる一寸法師。前野さんは自ら、三太郎CMへの出演を求めてauのCM制作スタッフを呼び出しプレゼンテーションを行います。今の三太郎CMの流れで一寸が登場することは不自然と考えた前野さんは、auのこの夏のテーマが「みんなつくろう」であることを理由に、新キャラ「彦星」をつくり出し、都合の良い設定でCMを持ち込んできました。前野さんのつくった「自作自演動画」を見たauのCM制作スタッフは、一度上司に確認すると席を離れたところでWEB動画は終了します。
7月6日(金)公開の新CM「あたらしい七夕」篇は、前野さんの持ち込んだ「自作自演動画」の夢を現実に三太郎CMで叶えたストーリーとなっています。一寸役として出演していた前野さんが、新キャラ「彦星」として登場することになった裏話としてもお楽しみいただけるWEB動画「自作自演動画」をぜひご覧ください。

「自作自演動画」はau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
(YouTube公式チャンネル) http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial
(YouTube) https://youtu.be/2XWgTfD9TZY

CMカットデータ⑥
CMカットデータ①
CMカットデータ②
CMカットデータ③
CMカットデータ④
CMカットデータ⑤
CMカットデータ⑦
CMカットデータ⑧
「自作自演動画」カット①
「自作自演動画」カット②
「自作自演動画」カット③
「自作自演動画」カット④
「自作自演動画」カット⑤
「自作自演動画」カット⑥
「自作自演動画」カット⑦
「自作自演動画」カット⑧
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ