プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

AIとRPAを活用して運送業界の業務効率化に向けた実証実験を開始

2018年7月2日

株式会社NTTドコモ

AIとRPAを活用して運送業界の業務効率化に向けた実証実験を開始
~ドライバーの日報作成稼働を約80%、事務員の業務を約50%削減へ~

 株式会社ドコマップジャパン(以下、ドコマップジャパン)、富士運輸株式会社(以下、富士運輸)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモの「AIインフォテイメントサービス®※1」と、RPA(ロボットによる業務自動化)サービス「WinActor®※2」を活用し、ドライバーの日報作成から事務員の確認業務、請求データ発行業務といった運送業界で生じている一連のルーティン業務を効率化・自動化する実証実験を、2018年7月3日(火)から2018年12月21日(金)まで実施します。

 現在、運送業界では人手不足や労働時間の長時間化などが課題となっており、業界全体としてさらなる経営効率化が必要な状況です。ドコマップジャパンはこの解決に向けて、ドライバー、事務員の業務を効率化する運送業向け音声エージェントサービスを開発するにあたり、ドコモの「AIインフォテイメントサ―ビス」および「WinActor」を採用しました。

 ドライバーは、運転中に音声エージェントの問いかけに答えるだけで、日々の日報作成や業務の記録ができるようになります。作成された日報データは、クラウド上に自動でアップロードされるため、事業所に帰着した後、業務内容を思い出して日報を作成、修正するといった業務が不要となります。これにより、ドライバーの日報作成にかかる稼働時間を約80%削減することをめざします。

 また、これまで事務員は、ドライバーが手書きで作成した日報と、事前に配送先や荷物の情報を定めた運行計画書の内容が一致しているかどうか、その都度目視で確認していましたが、「WinActor」を活用することで、クラウド上の日報データと運行計画書の内容を自動で照合し、請求データ確定までの業務を自動化することが可能になります。これにより、事務員の事務処理にかかる稼働時間を約50%削減することをめざします。

サービスイメージ図
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201807025538-O1-r0B22zOM

 なお、本実証実験の取り組みについては、2018年7月4日(水)に開催される「RPA DIGITAL WORLD 2018 in TOKYO ※3」への出展を予定しております。

 これまで3社は、「空車回送の削減」をめざし、運送業に特化した車両位置情報管理システム「DoCoMAP®※4」を 活用し、空きトラックと配送ニーズをマッチングするためのプラットフォーム「docomap JAPAN」を2017年11月から提供しています。

 今後は「DoCoMAP」、「AIインフォテイメントサービス」および「WinActor」を組み合わせることで、運送業向け働き方改革ソリューションの提供を実現してまいります。

※1 「AIインフォテイメントサービス」は、モバイルで培った優れた音声認識技術と、クルマ用にチューニングした音響モデルにより     高い認識率をベースにユーザーの発話の意図を理解しタスクを判定する「自然対話技術」、ユーザーの行動履歴からこの先の行動をサポートする「行動先読み技術」により最適な情報を配信する「ゆるやかナビ®」を提供しております。
※2 「WinActor」とは、Windows端末で操作可能なあらゆるアプリケーション操作を学習し、プログラミング知識不要でPC操作を自動化するソフトウェア型のロボットです。
※3 「RPA DIGITAL WORLD 2018 in TOKYO」とは、RPA・エンタープライズAI市場における全てのリーダー企業、エバンジェリストが一堂に会する国内最大級のRPAイベントです。
※4 「DoCoMAP」は、ドコモが提供する「かんたん位置情報サービス」を基盤技術に、ドコマップジャパンが開発した車両位置情報管理システムと組み合わせたシステムの名称です。ドコモのGPS端末を車両に取り付けることにより、その車両の 位置情報がシステムに記録されます。「DoCoMAP」の地図表示機能により、パソコンやスマートフォンで登録されている全車両の位置がマップ上にピンで表示されます。
*「AIインフォテイメントサービス」「ゆるやかナビ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*「WinActor」は日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。ドコモは、WinActorの取り扱いについて株式会社エヌ・ティ・ティ・データと特約店契約を締結しております。
*「DoCoMAP」はドコマップジャパンの登録商標です。

■別紙
本実証実験概要
1.目的
 ・「DoCoMAP」の位置情報を活用した運送業向け音声エージェントサービスの実現にあたり、「AIインフォテイメントサービス」の「自然対話技術」、「行動先読み技術」を用いて、ドコマップジャパンが開発する日報自動記録アプリケーションの認識精度・動作性を検証する。
 ・自動記録された日報と、運行計画書の照合業務ならびに請求書作成業務にかかる事務処理作業を、「WinActor」に代行させた場合の業務の正確性や、適用可能な業務範囲を検証する。

2.実施期間(予定)
 2018年7月3日(火)~2018年12月21日(金)

3.各社の主な役割
 ドコマップジャパン 
  ・本実験に必要なアプリケーション、サーバーの構築
  ・本実験を通して、実現するサービスの企画・開発・効果検証
 富士運輸
  ・本実験におけるドライバー、事務員の使用許諾ならびに協力
  ・「AIインフォテイメントサービス」を活用した音声エージェントサービスの導入評価
  ・「WinActor」の導入評価
 ドコモ
  ・サービスの企画、実証実験の運用支援
  ・「AIインフォテイメントサービス」の提供ならびに導入支援
  ・「WinActor」の提供ならびに導入支援

■参考
各社概要
ドコマップジャパン
 会社名  株式会社ドコマップジャパン
 代表者  代表取締役社長 髙林 治幸
 所在地  東京都港区浜松町2丁目10番6号小林ビル4階
 事業内容 ソフトウェアの企画・開発・販売・保守

富士運輸
 会社名  富士運輸株式会社
 代表者  代表取締役 松岡 弘晃
 所在地  奈良県奈良市北之庄町723-13
 事業内容 貨物自動車運送事業

ドコモ
 会社名  株式会社NTTドコモ
 代表者  代表取締役社長  吉澤 和弘
 所在地  東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー
 事業内容 ・通信事業
      ・スマートライフ事業
      ・その他の事業

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/index.html

サービスイメージ図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ