プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社千趣会

千趣会CSR 社会貢献活動「えがおの森」母と子の笑顔のための新しい基金『ハハトコ基金』設立

2018年7月2日

株式会社 千趣会

千趣会CSR お客様とともに行う社会貢献活動「えがおの森」
母と子の笑顔のための新しい基金『ハハトコ基金』設立
~ニッポンの母と子が一人でも多く笑顔になれるように~

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806295506-O10-WJ3hB6Z5
http://www.egaono-mori.jp/

 株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:星野裕幸 以下千趣会)は、お客様とともに行う社会貢献活動「えがおの森」において、7月2日より新たに『ハハトコ基金』設立します。『ハハトコ基金』は“ニッポンの母と子(ハハトコ)が一人でも多く笑顔になれるように”をコンセプトに、日本国内における子どもと母親にまつわる社会課題解決の支援に活用します。

 千趣会独自のCSR活動として2013年から開始した「えがおの森」には「えがおの森基金」として『ピンクリボン基金』『グリーン基金』『ハハトコ東北基金』の3つがあり、千趣会が運営する通販事業ベルメゾン( http://www.bellemaison.jp/ )のお客様の募金を活動資金の柱として、それぞれのテーマごとに“女性・母と子”に寄り添った支援活動を続けてきました。
基金発足から今年で5年が経ち、この間に培ってきた経験と各所でお世話になった方々とのつながりをベースに、今後は活動をさらに発展・深耕すべく女性支援(ピンクリボンプロジェクト)の『ピンクリボン基金』と子育て支援(ハハトコスマイルプロジェクト)の『ハハトコ基金』2本に集約することにしました。千趣会の事業活動との結びつきを強め、お客様からのご理解と賛同をいただける全国的な子育て支援活動へと進化させたいと考えています。

『ハハトコ基金』では、3つのテーマで活動を行います。
テーマ1:みんなでハハになろう!
あしなが育英会を通じて遺児とその親の支援に寄付します。

テーマ2:みんなでハハトコの成長を支援しよう!
子育て事業や各種活動を通じて支援をしていきます。

テーマ3:みんなで被災地の子育て応援活動を支援しよう!
被災地域の子育て活動を支援していきます。

さらに、ベルメゾンで取扱いの“子育てママ にうれしい機能を満載した”オリジナルブランド「マミィラク」商品( http://www.bellemaison.jp/cpg/mama/mammyraku/mammyraku_index.html )を新たに『ハハトコ基金 』協賛商品とし、1点お買い上げいただくごとに1円を『ハハトコ基金』への積み立てもあわせて開始します。

 2013年から開始した「えがおの森基金」は、これまで約37万人※ものお客様から募金をいただき募金総額は151,696,399円(2018年6月24日現在)となりました。お客様が買い物の際にクリックすることで100円から募金できる「クリック募金」、買い物によって蓄積するポイントから募金する「ポイント募金」、1口500円からの「ベルメゾン募金」、売り上げの一部が寄付となる「協賛商品」の購入の4つの方法によって募金いただいております。
「えがおの森」の活動報告、基金使途については「えがおの森」サイト( http://www.egaono-mori.jp )にて随時掲載しており、今回『ハハトコ基金』設立を機に「えがおの森」サイトもリニューアルをしています。   ※協賛商品購入者除く

 千趣会は、「ウーマン スマイル カンパニー」として女性の毎日に笑顔をお届けできるよう、今後もCSR活動にも力を注ぎ、「えがおの森」を通じてお客様とともに女性と子育て支援を推進していきます。

【寄付先について】
あしなが育英会( https://www.ashinaga.org/
病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806295506-O9-56jWy15u

病気・災害・自死などで親を亡くした子どもたちは、まず心のケアが必要です。 また経済的な理由で進学をあきらめることが少なくありません。そんな遺児たちの心のケアや奨学金、また子どもたちが将来社会に貢献できる人材になれるように行う様々な活動に『ハハトコ基金』を活用します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ