プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

世界初、チャイナモバイルとドコモがIoT向けマルチベンダ間eSIMソリューションを商用化

2018年6月26日

NTTドコモ

世界初、チャイナモバイルとドコモがIoT向けマルチベンダ間eSIMソリューションを商用化
~法人のお客さまの中国IoT展開を支援~

 中国の携帯電話事業者China Mobile Communications Group Co.Ltd.(以下、チャイナモバイル)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、異なるベンダ間においてSIMを差し替えることなく、ドコモの電話番号からチャイナモバイルの電話番号に入れ替えることができるeSIM※1ソリューション(以下、本ソリューション)を商用化し、2018年7月2日(月)よりドコモが受付を開始いたします。

 これまで異なる通信事業者間でeSIMを書き換える場合には、通信事業者同士が同じベンダのeSIMを採用していることが条件でしたが、GSMA3.1仕様※2に準拠した本ソリューションにより異なるベンダを採用して いる通信事業者間でもeSIMを書き換えることができます。本ソリューションは、世界初のマルチベンダ間eSIM連携システムとなります。

 本ソリューションをご利用いただくと、自動車・建設機械・農業機械・産業機械等、日本から中国に製品輸出をされている法人のお客さまが機器に組み込まれたドコモのSIMを抜き差しすることなく、中国最大のチャイナモバイルのネットワークに切り替えることができます。また、切り替え前後の保守や運用についてドコモがワンストップでサポート致します。

 これまで、2014年のeSIMソリューション商用化以降、IoT World Alliance※3、SCFA※4、Conexus※5などの海外通信事業者との協業を通じて、ブラジルの携帯電話事業者Telefonica Brasil S.A.(Vivo社)との提供を始め、eSIMに関する数々のプロジェクトを進めてまいりました。チャイナモバイルとは日中間のeSIMに関して技術面、ビジネス面、制度面の検討を重ね、2017年11月にChina Mobile Internationalとの間でeSIMソリューションを含むIoTサービスに関する協業の契約を締結しました。今後、欧州・アジア・中東・米州などにeSIMの対地国を順次拡大してまいります。eSIMを活用し、ドコモはグローバルIoTソリューション「Globiot」(グロビオ)を通じて、お客さまのIoTサービスのグローバル展開をサポートしてまいります。

 なお、2018年6月27日(水)から6月29日(金)まで中国・上海で開催される展示会「Mobile World Congress Shanghai 2018」内のチャイナモバイルブースにおいて、本ソリューションを展示いたします。

※1 eSIM:「Embedded Subscriber Identity Module」(組み込みSIM)の略。SIMを抜き差しすることなく、リモート操作で通信事業者の切り替えが可能。従来は、通信事業者の切り替えには手動のSIMカード交換が必要。
※2 GSMA3.1:GSMA 「GSM Association」により策定された「Remote Provisioning Architecture for Embedded UICC Technical Specification Version 3.1」仕様。GSMAは800社近くの携帯電話事業者のほか、約300社の端末メーカーやソフトウェア企業などを取りまとめる世界的なモバイル通信事業の業界団体。
※3 IoT World Alliance:海外オペレータ9社とのグローバルIoTでの協業の枠組み(2013年〜)。
加盟オペレータは、ドコモ、KPN、Rogers、SingTel、Telefonica、Telenor Connexion、Telstra、Veon、DNA。
※4 SCFA:ドコモ、中国China Mobile Communications Groupおよび韓国KT Corporationの3社間の事業協力
(2011年〜)Strategic Cooperation Framework Agreementの略。
※5 Conexus:「Conexus Mobile Alliance」の略(2006年~)
アジア・太平洋地域最大級の携帯電話事業者のアライアンス。

別紙
「日中マルチベンダ間eSIMソリューション」の概要

1.概要
 異なるベンダを採用しているドコモとチャイナモバイル間でドコモの電話番号からチャイナモバイルの電話番号にSIMを抜き差しすることなく、入れ替えることができるGSMA3.1仕様に準拠したeSIMソリューション。

2.受付開始時期
 2018年7月2日(月)

3.受付窓口
 全国のドコモ法人営業部門

4.サービス提供イメージ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806255329-O1-Q07YFUz7

参考
各社概要
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806255329-O3-c91U6hb4

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/index.html
 

サービス提供イメージ
各社概要
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ