プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ビーズ株式会社

「一眼×自転車=段差怖い」にさようなら。揺れや衝撃からカメラを守る専用バッグ発売。

2018/06/26

ビーズ株式会社

きっかけは自社カメラマンの「一眼運ぶん、めっちゃ気ぃ遣うねん」。
大切なカメラを自転車乗車時の揺れや衝撃から守るバッグ発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年6月26日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、自転車乗りのためにデザインされたカメラバッグ「バイシクルスリングバッグ」を発売し、自転車で移動する際に大切なカメラを揺れや衝撃から守ります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O1-lXAj6L9A

<製品特長>
1.クロスストラップ×背面パッドで揺れを抑える
 一般的なカメラバッグを使用してスポーツバイクやミニベロなどに乗車すると、前傾姿勢でバッグの位置が定まらず大きく揺れたり衝撃で弾んだりするため、カメラへのダメージが強く懸念されます。
 「バイシクルスリングバッグ」では、斜めがけのメインショルダーに加えて、クロスストラップを採用。 より身体に密着させることでバッグの揺れを軽減します。 背面パッドは分割構造となっており、背中のカーブにフィット。 前傾姿勢でもダンシング(立ち漕ぎ)をしても、バッグが振り回されてずれる心配がありません。 クロスストラップを外して身体の前にバッグを回せば、自転車に跨ったままでもカメラを取り出すことができシャッターチャンスを逃しません。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O6-5ius3Qs9 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O27-Omi7w9nU 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O8-33E2Wlih 】 

2.左右どちらからでも斜めがけ&中身の取り出しが可能
 斜めがけのボディバッグにおいて、左右のどちらの肩にかけるかは個人差があります。 「バイシクルスリングバッグ」では、全ての人に使ってもらえるよう、シンメトリーデザインを採用しました。 左右どちらからでも同じように開口できるフラップと、斜めがけの左右を変更できるショルダーストラップで、利き腕や習慣に応じて柔軟に対応します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O16-pnEPEqJx 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O12-56AB8F0Z

3.精密機器を運ぶためのきめ細やかな収納力
 面ファスナーで取付可能な2種類のクッションパーテーションが合計5枚付属。 一眼レフやミラーレスなど、カメラのサイズや使用するレンズの大きさに合わせて微調整可能です。 開口部の裏側にはメッシュポケットを搭載しており、レンズキャップや記録用デバイスなど小物類の収納に役立ちます。
 普段着やスポーツウェアでも合わせやすいスッキリとしたルックスを目指し、メインファブリックにはグレーを採用しました。 一方、内面には中身がひと目で分かるようオレンジを使用しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O14-oSJqf4Bu 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O20-CqQxa0r3

<開発裏話~自社撮影チームの悲願~>
 自社でカメラマンを擁し、製品の写真や動画を撮影しているDOPPELGANGER。 野外ロケでも近郊であれば自転車で向かいますが、その際どうしても撮影機材の運搬が難点でした。 自身もプライベートで一眼レフを扱う開発担当がそれに気付き、開発に着手。 カメラマンからも深くヒアリングを行い、自身のカメラサンプルで運搬実験するなど使い勝手を徹底追求し、本製品の商品化にこぎつけました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805284369-O31-SiVj2UUO

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】バイシクルスリングバッグ
【型番:カラー】DBM461-BK:グラウ(グレー×ブラック×オレンジ)
【サイズ】(外寸)W230×L(D)120×H500mm、(内寸)W190×L(D)100×H480mm
【重量】約900g(付属品除く)
【その他仕様】収納容量:最大8L(パーテーションによって変化)
       付属品:緩衝材入りパーテーション×5
       静止耐荷重:6.5kg、材質:ポリエステル、ターポリン
【希望小売価格】7,500円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbm461/

自転車乗りのためのカメラ専用斜めがけバッグ「バイシクルスリングバッグ」を発売。
自転車に跨ったままカメラを取り出し、シャッターチャンスを逃さないための「バイシクルスリングバッグ」。
バッグを後ろから前に回すだけで、カメラを取り出せます。
バッグの揺れを吸収するクロスストラップ。
背中のカーブに合わせて密着する背面パッド。
ダンシング(立ち漕ぎ)しても、揺れや衝撃によるカメラ破損・故障を心配せずにすみます。
バッグを斜めがけする方向を選ばない、左右の付け替えが可能なショルダーストラップ。
2つの開口部を両側に備えたシンメトリーデザインを採用しました。
片手で長さを調節できるラピッドスナップストラップ。
カメラを守る、運ぶ、取り出すという使い勝手3点に配慮した「バイシクルスリングバッグ」。
面ファスナーで取付可能な2種類のクッションパーテーションが合計5枚付属。
撮影時のレンズキャップの保管や、記録用デバイスの保管に役立つ小物用メッシュポケット。
小型のノートPCやタブレット端末を保管できるスリットポケット。
9.7インチタブレットや11インチの小型ノートブックを収納できます。
「愛車を一眼レフで撮って、記念に残したい」というサイクリストの願いを叶えます。
普段着やスポーツウェアでも合わせやすいグレーカラーを採用。
クッションパーテーションや内装は明るいオレンジカラーなので、中身がひと目で分かります。
ショルダーストラップにはスマートフォンや各種メモリーカードが収納できるマルチケースを付属。
背面の固定ベルトを用いて、三脚を固定することもできます。
「バイシクルスリングバッグ」があれば、シャッターチャンスを逃さず撮影できます。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ