プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アーバーネットワークス株式会社

アーバーネットワークス、DDoS攻撃検知・ミティゲーション製品の新版 「Arbor APS 6.0」を発売

2018年6月19日

アーバーネットーワークス株式会社

アーバーネットワークス、DDoS攻撃検知・ミティゲーション製品の新版
「Arbor APS 6.0」を発売

〜 国内でも普及の加速が予想されるIPv6に対応する機能を強化〜

DDoS攻撃対策を中心としたネットワークセキュリティー製品およびサービスを販売するアーバーネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:河田英典)は、企業・データセンター向けのDDoS攻撃検知・ミティゲーション製品「Arbor APS 6.0」を発売します。今回の新版では、今後国内でも普及が加速すると予想されるIPv6に対応する機能強化などを行いました。本製品は、ハードウェア一体型のアプライアンス、またはVMwareおよびKVMで稼働するソフトウェアの仮想アプライアンスとして提供され提供され、本日より出荷開始します。ライセンス料は年間250万円(税別)からです。

「Arbor APS」は企業のネットワークに設置して全通信を監視・分析し、DDoS攻撃の検知・ミティゲーション(攻撃緩和)を行うインライン型のDDoS対策製品です。通信事業者のボリューム攻撃対策を正規通信としてすり抜けてしまうアプリケーションレイヤー攻撃の対策に有効です。当社の年次調査「ワールドワイド・インフラストラクチャー・セキュリティ・レポート(WISR)」の最新版によると、2017年にアプリケーションレイヤー攻撃を経験した世界の企業の割合は、前年と比べて30%上昇しています。今回発売する「Arbor APS 6.0」では主に、IPv6網の拡大に伴って急速に増加しつつあるIPv6環境を標的にしたDDoS攻撃対策を強化しました。特にアプリケーションレイヤー攻撃の標的になりやすいDNSサーバの防御を強固にする機能拡張を行っています。

新版では、DNSサーバへの水責め攻撃(DNS水責め攻撃)の対策機能をIPv6環境に拡張しました。DNS水責め攻撃とは、実在しないランダムなサブドメインを含むドメイン名をDNSサーバに大量に送りつけることでサービスを止めるDDoS攻撃手法の一つで、近年多く確認されています。また、DNSサーバに送られるパケットのデータ(ペイロード)を精査する文字列マッチングがIPv6環境でも可能になり、不審なふるまいの検知能力が向上しました。

その他、管理面での強化も行っています。ユーザー毎にポリシーを分けて管理するための防御グループの数が、従来の2倍の100グループまで設定可能になりました。通信量の閾値設定や攻撃状況を可視化するレポーティング機能などをより細かくグループ分けできるようになり、これまで以上に実際の運用に即した柔軟な設定が可能になります。

アーバーネットワークスでは、DDoS対策アプライアンス製品として、主に通信事業者やサービスプロバイダー向けの「Arbor SP」および「Arbor TMS」、官公庁や企業のお客様自身の環境に導入することを想定したエンタープライズ向けの「Arbor APS」をラインアップし、クラウドベースの管理ソリューションである「Arbor Cloud」と組み合わせて提供しています。今後は、これまでのビジネスの中心だった通信キャリアおよびサービスプロバイダーに加え、エンタープライズ向けのビジネスをより一層強化し、国内におけるDDoS攻撃対策の啓発およびお客様の具体的な対策活動に貢献いたします。

■アーバーネットワークスについて
DDoS攻撃対策製品およびソリューションを中心としたネットワークセキュリティー専門企業です。通信事業者および企業向けDDoS検知・防御製品、クラウド型の管理ソリューションを販売しています。約400社のサービスプロバイダーと共同で脅威レベル解析システム「ATLAS」を運用し、インターネット上の膨大な脅威情報を収集し、分析データとして世界に公開しています。米国本社のArbor Networks社(本社:マサチューセッツ州バーリントン)は2000年に創業、現在はネットワーク関連企業のNETSCOUT社のセキュリティ部門として事業を行っています。日本法人は2004年に設置されました。

©2018 NETSCOUT SYSTEMS, INC. All rights reserved. NETSCOUT、NETSCOUTのロゴ、Guardians of the Connected World、Adaptive Service Intelligence、Arbor Networks、Arbor Networksのロゴ、ATLAS、InfiniStream、InfiniStreamNG、nGenius、 nGeniusONEは、NETSCOUT SYSTEMS, INC.、および / または、アメリカ合衆国および / またはその他の国の子会社の登録商標または商標です。その他記載されているサードパーティーの商標は各社に帰属します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ