プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

「第13回発育哺乳量調査」において「明治ほほえみ」で育った乳児の発育を1歳まで追跡して確認

2018年6月18日

株式会社 明治

「第13回発育哺乳量調査」において
「明治ほほえみ」で育った乳児の発育を1歳まで追跡して確認
~第65回 日本小児保健協会学術集会で発表~

 株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、通算で13回目となる「発育哺乳量調査」において、「明治ほほえみ」で育った乳児の発育を1歳まで追跡調査し、これら乳児の発育が母乳栄養児と同等であることを確認しました。この研究成果について、2018年6月14日~16日に開催された第65回日本小児保健協会学術集会にて発表いたしました。
 当社は、乳児用ミルクの栄養設計を変更した際には乳児の発育を確認することが不可欠であると考え、1972年以来、リニューアル毎に発育哺乳量調査を実施しております。これまでに、2012年にリニューアルした「明治ほほえみ」で育った乳児の7ヵ月齢までの体重を確認し、昨年発表しています。今回、この調査対象者の体重を1歳まで追跡して評価するとともに、1歳までの頭囲を新たに評価することで、「明治ほほえみ」の栄養設計が妥当であることを、より多角的に確認しました。
 当社はこれからも、乳児の発育を見守りながら、乳児用ミルクの先進的な改良・開発に努めてまいります。

【内容】
■演題名:
 乳児用ミルクの妥当性評価―乳児の発育の観点から―
■概要:
 2014年9月~2017年3月に、「乳児の発育および哺乳量等に関する追跡調査」を実施し、「明治ほほえみ」(※1)で育った乳児の発育を評価しました。当調査では、当社の管理栄養士/栄養士による1ヵ月健診時の栄養相談で保護者から参加同意が得られた1,053名について、自記式質問紙による調査を1歳になるまで計4回実施しました。母乳で育った乳児(※2)と「明治ほほえみ」で育った乳児(※3)の「個々の体重推移」と「頭囲」をそれぞれ1歳まで比較しました。
 これらの評価の結果、「明治ほほえみ」で育った乳児の1歳までの発育は、母乳で育った乳児と同等で、有意な差がないことを確認しました(図)。また、「明治ほほえみ」で育った乳児の発育はWHOや日本の標準発育曲線に沿っていることを確認しました。
 これらの結果は、現行の「明治ほほえみ」の栄養設計が妥当であることを示しています。

(※1):2012年にリニューアルした「明治ほほえみ」
(※2):生後6ヵ月まで母乳のみで育った乳児
(※3):生後6ヵ月まで「明治ほほえみ」(母乳の哺乳回数が3割未満)で育った乳児

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806185074-O1-SXCQqxVR
図 「明治ほほえみ」で育った乳児の発育(平均値±標準偏差)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ