プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人帝京大学

帝京大学シルクロード学術調査団による2018年度第1次アク・ベシム遺跡調査-唐代砕葉鎮城の調査-

2018年6月14日

学校法人帝京大学

帝京大学シルクロード学術調査団による
2018年度第1次アク・ベシム遺跡調査
-唐代砕葉鎮城の調査-

帝京大学シルクロード学術調査団はキルギス共和国北部、チュー州アク・ベシム村に位置するアク・ベシム遺跡(スイヤブ遺跡)の第2シャフリスタンにおいて発掘調査を実施し、唐の西方進出の軍事・行政拠点であった安西四鎮の1つである砕葉鎮(さいようちん)城の7世紀後半のものと推定される建物の一部を発見しました。

これまでの経緯
・帝京大学は2016年4月、ユーラシア大陸を貫く文明の交流の道であるシルクロードの学術調査を目的に「帝京大学シルクロード学術調査団」を設立。
・2016年4月に帝京大学文化財研究所とキルギス共和国科学アカデミーの間で、文化遺産の調査研究及び保護に関する合意書を締結。
・2016年4月より、帝京大学はキルギス共和国科学アカデミーと共同でアク・ベシム(スイヤブ)遺跡の本格的な学術調査を開始。
・これまでに2016年度は2回、2017年度は3回の計5回の現地調査を実施。2018年度第1次調査は通算で第6回目の調査。
・2017年度の調査成果について、以下の帝京大学のウェブサイトをご覧ください。
https://www.teikyo-u.ac.jp/affiliate/research/sr.html

石敷き遺構(北側)及び建物の縁石(右上方に見えるのが井戸)
アク・ベシム遺跡全景(2018年撮影)
井戸及び石敷き遺構
石敷き遺構(西側)全景
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ