プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ビーズ株式会社

風呂敷構造で簡単パッキング。出し入れ・長さ調整可能な「ラップハンドルバーバッグ」発売。

2018/06/13

ビーズ株式会社

日本の“風呂敷”から着想した簡単パッキング。
出し入れ・長さ調整が自在な自転車用「ラップハンドルバーバッグ」を発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年6月13日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」のバイクパッキングシリーズ「Packs(パックス)」より、風呂敷構造により簡単にパッキングできる、自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」を発売します。

<バイクパッキングとは>
 海外での流行や近年の日本でのアウトドアブームを背景に、新たなトレンドとして注目を集めているバイクパッキング。 速く、遠くまで走るためのロードバイクにキャリアなしで積載能力をもたせて、ロングライドやキャンプなど旅仕様にするものです。 安定走行を維持しつつできるだけ多くの荷物を積めるよう、フレームやサドルなどに生まれるデッドスペースをうまく利用してバッグを固定するのが特徴です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O1-0wa1j2gy

<従来品の不便さを、風呂敷構造で解決>
 上述のデッドスペースのうち、比較的大きなスペースがあるハンドルには、ハンドルバーバッグ(フロントバッグ)を使用。 軽量でかさばり、走行中にあまり取り出さないキャンプ道具を入れるケースが多くみられます。
 しかし、従来のハンドルバーバッグは細く筒状のものがほとんど。 荷物を押し込むように入れ、出す際も時には無理に引っ張り出さなければ出てこない、荷室がひとつのため汚れた衣類など分けて入れられない、ドロップハンドルの幅によっては長さが合わず使えないなどの不便さが生じることもありました。
 そこでDOPPELGANGERは最初から筒状である必要はないと考え、日本人に馴染み深く最も物を包みやすい風呂敷のような布一枚構造を採用。 上述のデメリットをすべて解消する「ラップハンドルバーバッグ」を開発しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O2-QsWNjkJv

<製品特長>
1. 3ステップでパッキング完了
 本製品を広げた上に荷物を置いてジッパーを閉め、両端を巻き上げるだけの3ステップでパッキングが完了します。 巻き上げる加減でバッグの幅を調整可能。 荷物を出す際もジッパーを引くだけで大きく開口するため、スムーズに物を出し入れできます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O18-k3XkbDlc 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O6-x00TfNo3

2. 2ルーム構造で、荷物の小分けに便利
 2ルーム構造になっているので、着用ずみの衣類やレインウェアと未使用の衣類は分けて入れられます。 外側のジッパーからも直接別室にアクセスでき、必要な時にすぐに取り出したい貴重品などを入れるのに便利です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O42-6cmDq84Z 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O5-300F9c4D

3. 収納時は小さく折りたたみOK
 使わない場合は小さく折りたたんで携帯・収納が可能。 布一枚の構造ならではの良さがここでも発揮されます。荷物の量に応じてフレキシブルに対応できます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134938-O52-1054jj2K

 本製品はハンドルとステムの3点固定式に加え、バックルベルトを標準付属。 荷物の重みによるバッグ本体の垂れ下がり、タイヤとの干渉、落下の防止に配慮した設計になっています。

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】ラップハンドルバーバッグ                  
【型番:カラー】DBF398-BK:ブラック                  
【サイズ・重量】W275×L780mm、約340g                  
【収納容量・耐荷重】約8L(両サイドを3回巻いた状態)、約4kg
【付属品】バックルベルト×2、固定ベルト×3
【材質】アウター:ナイロン、インナー:ポリエステル
【希望小売価格】4,000円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbf398/

風呂敷構造により簡単にパッキングできる、自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」発売。
「ラップハンドルバーバッグ」製品全容。
本製品を広げた上に荷物を置いてジッパーを閉め、両端を巻き上げるだけの3ステップでパッキング完了。
2ルーム構造になっており、着用済みの衣類やレインウェアと、未使用の衣類は分けて入れられます。
2ルームの外側に荷物を入れておけば、梱包状態でも中のものにアクセスできるようポケットを配置。
従来品のように、荷物を押し込んで入れたり引っ張って出したりする不便さはありません。
本体はサイドロールアップ式で、荷物の量に応じてサイズを調整することが可能です。
布一枚の構造を活かして、使わない場合は小さく折りたたんで携帯・収納が可能。
固定用バックルベルトが別途付属、バッグ本体の垂れ下がりによるタイヤとの干渉や落下を防止します。
ハンドルの左右二箇所と、ヘッドチューブまたはコラムに留める三点固定式で、走行時のバッグの揺れを防止。
夜間に車からの視認性を高めるリフレクターをバッグ両端に配置。
ドライバッグの表面生地には耐摩耗性に優れるリップストップナイロン(防滴仕様)を採用。
「ラップハンドルバーバッグ」本体。
「ラップハンドルバーバッグ」付属品。
「ラップハンドルバーバッグ」使用イメージ。
付属のバックルベルトでハンドルバーに固定中。
固定時、バッグの垂れ下がりを防止するため、たるみが出ないようにしっかりとベルトを絞ります。
ハンドルとステムに固定した状態の画像。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ