プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ル・コルドン・ブルー・ジャパン株式会社

ル・コルドン・ブルーパリ校、パリ-ドーフィン大学と教学提携 

2018年6月12日

ル・コルドン・ブルー・ジャパン

ル・コルドン・ブルーパリ校、パリ-ドーフィン大学との教学提携を発表

ル・コルドン・ブルーパリ校とパリ-ドーフィン大学、二つの修了証授与
教学提携により、高等教育におけるガストロノミーおよびホスピタリティのマネージャー候補育成を実現

• 2018年10月22日よりル・コルドン・ブルー・パリ校にて開講予定の「バチェラー・オブ・ビジネス・イン・カリナリーアーツ・マネージメント」および「バチェラー・オブ・ビジネス・イン・インターナショナル・ホスピタリティ・マネージメント」の受講生(3年生)は、パリ-ドーフィン大学で週3日の講義を受講。
• 3年課程のプログラムを受講し修了に必要な成績を修めた生徒は、パリ-ドーフィン大学から インターナショナル “タレント・イン・カリナリーアーツ・アンド・ホスピタリティ・マネージメントディプロマ”、ル・コルドン・ブルー・パリ校からは、「バチェラー・オブ・ビジネス・イン・カリナリーアーツ・マネージメント」あるいは「バチェラー・オブ・ビジネス・イン・インターナショナル・ホスピタリティ・マネージメント」が授与される。

[2018年5月30日付パリ]ル・コルドン・ブルー・パリ校、カリナリーアーツおよびホスピタリティ・マネージメントに特化したグローバルネットワークの教育機関、とパリ-ドーフィン大学、組織と決定科学の分野でベンチマーク研究を遂行する高等教育機関は、教学提携に同意した旨を発表しました。 

ル・コルドン・ブルーパリ校では2016年に2つのバチェラープログラム、「バチェラー・オブ・ビジネス・イン・カリナリーアーツ・マネージメント」「バチェラー・イン・インターナショナル・ホスピタリティ・マネージメント」を開講しました。
2018年10月より3年度課程のカリキュラムでトレーニング・プログラムが開講され、その講義は月曜から水曜までの週3日間、パリ-ドーフィン大学で実施されます。
最終学年に当たる3年目のトレーニング・プログラムは、生徒の専門性育成が中心となり、ガストロノミーとホスピタリティに特化したビジネス・マネージメント・スキルを学びます。ビジネスで成功するための主要な要素を備えるためです。メインのカリキュラムは、マーケティング、マネージメント、人事、カスタマー・リレーション、ソーシャルネットワーク、財務と会計です。
国際舞台でのキャリア開発を視野に設計されたプロフェッショナルなカリキュラムで、プログラムは英語、フランス語の場合は英語通訳で行われます。
プログラムを修了に必要な成績を収めた生徒には、パリ-ドーフィン大学からインターナショナル “タレント・イン・カリナリーアーツ・アンド・ホスピタリティ・マネージメント”が授与されます。そして、パリ校からは「バチェラー・オブ・ビジネス・イン・カリナリーアーツ・マネージメント」あるいは「バチェラー・イン・インターナショナル・ホスピタリティ・マネージメント」、それぞれの受講内容に応じて授与されます。
年間、1クラス25人、それぞれのバチェラー内容で2クラスの卒業生を送り出すことになります。3年目のプログラムを受講する生徒のほとんどは、初年度からの2年間をル・コルドン・ブルー・パリ校で受講することになります。

ル・コルドン・ブルー国際教育機関の代表、アンドレ・コアントロは下記のように述べています。

『トレーニング・プログラムは、我々の教育機関で開発し、また随時改編が行われており、生徒たちには理想的な教育を提供しています。それは、キャリア開発の最終目標に沿った内容です。高等教育プログラムは世界中でパートナー提携を結んできた大学で採用されています。本日、このように名声高いパリ-ドーフィン大学とのパートナーシップを結べたことを名誉に感じています。』

パリ-ドーフィン大学の代表、イザベル・ユオーは下記のように述べています。

『ル・コルドン・ブルー、世界20カ国での実績ある教育機関との提携は、我々の長期的戦略に沿って質の高いパートナーシップによる国際的な認知度をあげることにつながります。』

さらに続けて、『2018-2019年開講となる「タレント・イン・カリナリーアーツ・アンド・ホスピタリティ・マネージメント」の第1期生を歓迎します。パリ-ドーフィン大学は、生徒たちのアントレプレナーとしてのノウハウ開発を担当し、我々の専門家が世界的にも評価を受けた研究分野:財務やマーケティング、プロジェクト・マネージメントやカスタマー・リレーションのカリキュラムを提供します。生徒たちは、我々のシラバスで学び始め、次年度からパリ-ドーフィンのディプロマ・マネージャー、ルノー・ドランドとオリヴィア・ド・ラ・ヴァリエールの指導のもと、この類稀なる教学提携プログラムを学ぶことができます』と述べています。
Download the Bachelors brochure

パリ-ドーフィン大学 Paris-Dauphine University
パリ-ドーフィン大学は高等教育機関で、オーガナイゼーション(組織)とデシジョン・サイエンス(決定科学)でベンチマーク研究を行っています。大学学長会議およびグラン・ゼコール会議の会員。1968年の創立以来、優秀を極める理念の基、以下の分野でモデルを開発しました。
• 質の高さと選択性による多専門的学士、修士、および博士課程と博士準備プログラムを提供。生徒数8900、生涯教育修学の役員2800、博士課程授与者305。
• 最先端研究を遂行。6つの研究センターを運営(CR2D-法律、DRM-マネージメント、ラムサード-IT、スレメード-デシジョン・マテマティックス、LEDa-経済、IRISSO-社会科学)、このうち4つの研究センターは国立の研究所CNRSと連携を行っています。
• 社会-経済界での緊密な連携を取り、5大陸に広がる80000人の卒業生ネットワークがあります。
• 社会的なコミットメントと革新、創造性の精神
フランスでは、唯一のEQUIS*認定大学。パリ-ドーフィンは、世界中に卒業生を送り出しており、数学の分野では、40大学のうち上位にランクされています。インターナショナル・キャンパス(カサブランカ、チュニス、ロンドン、マドリッド、マンハイム)があり、戦略的に国際教学提携を実施しております。例えばシグマ・パートナーシップ(コペンハーゲン・ビジネス・スクール、デンマークのFundaçao Getulio Vargas、ブラジル、シンガポール・マネージメント・ユニバーシティ、スイスのSt. Gallen University、スペインのEsade Barcelona、オーストリアのWien Wirtschaft Universität、日本の一橋大学、中国のRenmin University)。アカデミックなパートナーシップは、5大陸に広がり、オフ・サイト・トレーニング・プログラムの開発や、ダブル・ディプロマ制度を推進しています。
*EQUIS (European Quality Improvement System), European school assessment programme

PSL大学**の創始メンバーであるパリ-ドーフィンは、22の施設があり、パリの著名な研究機関(Ecole Normale Supérieure, Mines ParisTech, écoles d’arts, Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales)では、広範囲にわたる教科を網羅しています。現在までに、PSL大学は26個のノーベル受賞者、国立科学研究所のCNRSでは、10個のフィールド・メダル、34個ゴールド・メダルを授与者がいます。2018年に発表されたタイムズ社の世界の高等教育機関ランキングでは、72位で、フランス国内ではトップにランクされています。詳細はウェブサイトをご参照ください。
** PSL University, Paris Arts and Sciences University in French ‘Université Paris Sciences et Lettres’
詳細はこちら: www.dauphine.fr

※本プレスリリースは、2018年5月30日(現地時間)にル・コルドン・ブルー・パリ校が発表したプレスリリースを翻訳したものです。
英語版リリース:https://www.cordonbleu.edu/news/partnership-bachelor-paris-dauphine-university/en 

ル・コルドン・ブルー日本校 https://www.cordonbleu.edu/japan/home/ja
1895年パリに創設された料理学校『ル・コルドン・ブルー』。創立以来、フランス料理の継承と発展に貢献し、現在では20ヶ国35校余りで展開。日本では、東京校と神戸校があり、フランス・パリと同じ教育システムでフランス料理/菓子/パンの本科講座サーティフィカ・ディプロムコース(基礎から上級)と、ショートコース(サブリナ、デビュー・レッスン)など、料理未経験からスキルアップまでそれぞれのレベルに合わせた理論と実践のカリキュラムを提供しています。講師陣は、 話題のレストランやパティスリー、ブランジュリーで実績あるフランス人・日本人シェフ達。本科講座の基礎から上級まで学び取得する“ディプロム”は、世界に通用する技術力の証として高い信頼を寄せられ、卒業生は料理人やパティシエ、ブーランジェの他、レシピ開発コンサルタントやフードライターなど、食の世界のエキスパートとして幅広く活躍しています。

ル・コルドン・ブルー・ジャパン株式会社
フランス料理/菓子/パンのディプロム・ショートコースを提供する国際教育機関「ル・コルドン・ブルー」の経営および運営の他、ライセンス事業、グルメ商 品の輸入・販売、商品開発、書籍監修・販売、eコマース、直営カフェの運営を通じてフランス美食文化の技術継承・革新・普及をミッションに事業展開を行うっています。

LeCordonBleuParisInstitute_ParisDauphineU_partnership2018_image
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ