プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

IDCがEYをSAP導入サービスのグローバルリーダーに選出

2018年6月11日

EY Japan

IDCがEYをSAP導入サービスのグローバルリーダーに選出

EYは、米国調査会社IDC社が発表した「MarketScape Worldwide SAP Implementation Servicesエコシステム2018ベンダー評価(※1)」レポートにおいて、SAP導入サービスのグローバルリーダーに選出されたことをお知らせします。本レポートによると、EYは人員リソース戦略と価格モデル戦略で高い評価を得ています。本レポートでは、世界的に活躍する、主要な11社のSAPアプリケーションインテグレータの分析が行われ、EYについて以下のように記しています。「EYは、アドバイザリーからマネージドサービスまで、SAPライフサイクル全体に対してのサービスを提供しており、継続的に新たなSAPソリューション開発に投資を続けていること、また、EYエクスペリエンスセンターを活用することで、SAPデジタルコアを中核に、HANAクラウドプラットフォームソリューションを活用できる。」

EY Americas SAPリーダー、Michael Yadgarは次のように述べています。
「SAP導入サービスのリーダーとして、IDCから選出されたことを誇りに思います。これは、EYの確実な成長、革新的なソリューションの提供、そしてクライアントに対する品質の高いサービス提供の成果の証だと考えています。また、今年5月に、SAPが顕著な実績を残したSAPパートナーに対して授与するSAP Pinnacle Awardのカスタマーチョイスパートナー・オブ・ザ・イヤー(Customers’ Choice Partner of the Year)をEYが受賞したことにもつながっています。」
本レポートは、対象ベンダーを包括的かつ厳密なフレームワークに基づいて評価しており、対象のマーケットにおける短期と長期の視点で、成功につながると予想される属性についても調査しています。

IDC ITコンサルティング/システムインテグレーションサービス リサーチディレクター、Ali Zaidi氏は次のように述べています。
IDCの分析とユーザー企業のフィードバックを総合すると、EYはファンクション面での提案力や実行能力に加えて、誠実で信頼の高い人員のリソースを提供することができるグローバルのSAP導入サービスのリーダーといえます。これらの特徴は、EYがユーザー企業の評判を向上させ、マーケットに浸透させる手助けになっています。
EYは継続的に新たなSAPソリューション開発に投資を続けています。 EYのイノベーション拠点である wavespace™では、SAPと共同で、ユーザー企業における業務プロセスを効率化、統合化するソリューションである、Agile Finance 2.0の開発を、SAP社と共同で進めています。
EYの日本でのSAP関連サービスについての更なる情報は、以下のWebサイトをご覧ください。https://www.eyadvisory.co.jp/services/technology/sap/

EYとSAPの協業については、以下のWebサイトをご覧ください。(英語版のみ) http://www.ey.com/gl/en/about-us/our-alliances
※1 IDC MarketScape: Worldwide SAP Implementation Ecosystem 2018 Vendor Assessment May 2018, IDC #US43461218

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈EY Japanについて〉
EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社などから構成されています。各メンバーファームは法的に独立した法人です。詳しくはwww.eyjapan.jp をご覧ください。

〈EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつ
グローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisory/ をご覧ください。

〈IDC Marketscapeについて〉
IDC MarketScape vendor analysis model is designed to provide an overview of the competitive fitness of ICT (information and communications technology) suppliers in a given market. The research methodology utilizes a rigorous scoring methodology based on both qualitative and quantitative criteria that results in a single graphical illustration of each vendor’s position within a given market. IDC MarketScape provides a clear framework in which the product and service offerings, capabilities and strategies, and current and future market success factors of IT and telecommunications vendors can be meaningfully compared. The framework also provides technology buyers with a 360-degree assessment of the strengths and weaknesses of current and prospective vendors.
※本プレスリリースは、2018年6月7日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。詳細は、ニュースリリース英語版をご覧ください。
英語版リリース:https://www.ey.com/gl/en/newsroom/news-releases/news-ey-recognized-as-a-leader-in-sap-implementation-services-by-idc

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ