プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

横浜市内でIoTスマートホームを用いた第2回生活モニタリング実証実験を開始

2018/06/11

株式会社NTTドコモ

横浜市内でIoTスマートホームを用いた第2回生活モニタリング実証実験を開始
~住むことで生活・暮らしをサポートする家の実現へ~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、横浜市、and factory株式会社(以下、and factory)、 相鉄グループ、富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社資生堂、三和シヤッター工業株式会社、グリーンブルー株式会社、foo.log株式会社と、IoTスマートホーム®を 用いた第2回生活モニタリング実証実験(以下、本実証実験)を横浜市内で2018年6月12日(火)から 開始します。
本実証実験は、「I・TOP横浜※1」内のプロジェクトとして横浜市、and factoryと開始した 「未来の家プロジェクト※2」の取り組みの一つで、ドコモの「AIエージェントAPI」の一つである「IoTアクセス制御エンジン」を活用し、さまざまなメーカーの機器を一元的に管理、制御することで実現しています。
2017年12月~2018年2月に実施した第1回IoTスマートホーム生活モニタリング実証実験に引き 続き、第2回は横浜市内で実証実験を行います。本実証実験では、ドコモのIoTスマートホームに被験者※3が1週間居住し、食事、運動、睡眠などの生活データの変化、および健康に対する意識変化や行動変容について評価を行います。第1回実証実験では、さまざまなIoT機器からデータを収集する基盤の運用および、行動パターンの可視化を行いました。第2回実証実験では、ドアの開閉記録や人感センサー値などを解析し、個人の生活パターンを定量的に評価することで、居住者に合わせた健康で快適な居住空間の実現を めざします。
2017年6月に3者で始まった未来の家プロジェクトですが、今回新たに、凸版印刷株式会社、 株式会社資生堂、三和シヤッター工業株式会社、グリーンブルー株式会社、foo.log株式会社が加わり、10者以上での取り組みへと拡大しました。今後はプロジェクト参画企業との連携により、「健康」に加えて「快適」「安心」「安全」「美容」といった面でもサポートしてくれる未来の住環境の実現をめざします。
※1 I・TOP(アイトップ)横浜は、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を生かし、IoTなどを活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成などの場。
「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」の略。
※2 人工知能(AI)およびIoTを活用し、居住者のリラックス度や活動量などの生活状態を可視化することで気づきを与えることや、快適な室内環境づくりを行うことを検討・推進するプロジェクト。
※3 ドコモ社員を含む実証実験関係者14名を予定。
* IoTスマートホームはドコモの登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ