プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人帝京大学

「カビ展」―医真菌学研究への誘い―

2018年 6月5日

学校法人帝京大学

帝京大学総合博物館企画展
帝京大学医真菌研究センター創設35周年記念
「カビ展」―医真菌学研究への誘い―
2018年6月18日(月)~10月5日(金)

真菌とは、広い意味のカビ(酵母やキノコを含む)をあらわす医学用語です。生物化学の分野では「菌」または「菌類」とも呼ばれます。その種類は約10万種以上にものぼり、未知のものを合わせると150万種にも及ぶと考えられています。真菌は自然界では有機物の分解者として欠かせない存在です。また、人類は真菌を利用して発酵食品を作り出したり、ペニシリンを始めとする医薬品開発にも活用してきました。真菌は人類のパートナーというべき存在です。しかし、人を病気にしてしまう「病原真菌」もいます。真菌が原因の病気は「真菌症」と呼ばれ「みずむし」や命にかかわる重い感染症などさまざまなものがあります。こうした病気に関する研究・学問領域は「医真菌学」と呼ばれています。細菌やウイルスが原因の病気と比べるとその研究は十分とは言えません。帝京大学医真菌研究センターは、真菌症を克服するべく基礎研究を中心に研究を行ってきました。
本展覧会では、私たちの身近にいる真菌の生態や、帝京大学医真菌研究センターの創設以来35年のあゆみと最新の研究活動を通して、奥深い医真菌学研究の世界を紹介します。

<展示内容>
■カビの生物学
カビはどんな生物なのでしょうか。意外と知らないカビの「衣・食・住」を紹介します。
(この展覧会では、分かりやすく「真菌」を「カビ」と呼んでいます。)

■カビの研究とその利用
人類はカビを研究し、その成果を発酵食品作りや医薬品開発にも利用してきました。その研究の歴史をご紹介します。

■病気をおこすカビたち
カビが原因の病気は「真菌症」と呼ばれています。真菌症の症状と、その原因となるカビを詳しくご紹介します。

■帝京大学医真菌研究センターの歴史
帝京大学医真菌研究センターは、1983年にカビが原因の病気の克服をするための研究と、各地から集められたカビの菌株の保存を行うために創設されました。そのあゆみをご紹介します。

■医真菌学研究ラボ
医真菌研究センターでは、カビが原因の病気の治療薬である「抗真菌薬」の研究を始めとして、電子顕微鏡を用いた形態学的な研究や、分子生物学や遺伝子工学の観点から病気の原因となるカビと真菌症について研究を積み重ねてきました。近年ではそれらの研究に加えて、天然由来の成分で免疫力を高める「抗菌アロマセラピー」、宇宙ステーションでのカビを調査する「宇宙微生物学」、マウスの代わりにカイコを使って実験を行う「カイコ創薬」、国内のコアラをカビの病気から守る「コアラを菌から救えプロジェクト」など、さまざまな研究活動が行われています。基礎研究から応用研究まで、幅広い医真菌研究センターの活動をご紹介します。

<関連イベント>
1.ミニ講演会 カビ研究の原点
■「カビ(真菌)の世界―太田正雄(木下杢太郎)に始まる日本の真菌研究―」
日時:2018年7月14日(土)10:30~11:45
講師: 山口英世(帝京大学医真菌研究センター初代所長・名誉教授)

2.最新研究講座 カビと闘う研究者たち!
■「健康の質を高める抗菌アロマテラピー」
日時:2018年8月4日(土)10:30~11:45
講師: 安部茂(帝京大学医真菌研究センター教授)

■「病原真菌と真菌症―カビが原因の病気にせまる―」
日時:9月15日(土)10:30~11:45
講師:槇村浩一(帝京大学医療共通教育研究センター教授)

■「遺伝子工学と水虫」
日時:9月22日(土)10:30~11:45
講師:山田剛(帝京大学医真菌研究センター准教授)

■「カイコを利用して新しい食品や薬をつくる」
日時:9月29日(土)10:30~11:45
講師:関水和久(帝京大学医真菌研究センター所長)

3.ワークショップ カビを観察する!
■「電子顕微鏡でミクロの世界を観察しよう」
日時:7月21日(土)10:30~12:00
講師:西山彌生(帝京大学医真菌研究センター客員教授)

4.科学工作教室 顕微鏡を作っちゃおう!
■「ペットボトルで顕微鏡をつくろう」
日時:7月28日(土)10:30~15:00
※工作の所要時間は30分程度です。

【この件に関するお問い合わせ先】
帝京大学総合博物館(八王子キャンパス ソラティオスクエア B1)
TEL:042-678-3675

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ