プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

EY:海上保険向けブロックチェーン・プラットフォームが、世界で初めて商用化

2018/06/01

EY Japan

海上保険向けブロックチェーン・プラットフォームが、世界で初めて商用化

・EY、Guardtime社および業界関係者により、世界初の海上保険向けブロックチェーン・プラットフォームが商用化
・初年度に50万件を超える台帳トランザクションの自動化を支援し、1,000隻以上の商業用船舶のリスク管理をサポート
・当プラットフォームは、将来的には他領域(海上輸送、グローバルロジスティクス、航空およびエネルギー分野)の保険へ活用予定

EY、Guardtime社、A.P. Moller-Maersk社およびMicrosoft社と保険業界の主要企業であるWill Towers Watson社、XL Catlin社、MS Amlin社、ACORDなどから海運業界を担当するメンバーが集まり、「“Insurwave”とう名前のブロックチェーン・プラットフォームを利用し、海上保険業務の変革をサポートする」という共同宣言をしました。これにより、ますます複雑化し、継続的に変化しているリスク環境において、グローバル企業が本プラットフォームを活用することで、複数の企業や組織にまたがるリスクを管理し、ブローカーと保険会社との連携の変革を可能にします。

EYとGuardtime社が共同出資する合弁会社で開発された“Insurwave”は、ブロックチェーンの分散台帳技術とMicrosoft社Azureのインフラ、そしてACORDのデータ標準を活用して構築されています。初年度では、50万件以上の台帳トランザクションの自動化を支援し、1,000隻以上の商業用船舶のリスク管理をサポートします。セキュリティで保護されたプライベート・ネットワークを構築し、改ざんが不可能になる監査証跡を持つトランザクションプロセスを提供することで、世界初のデジタル化した保険業界のバリュー・チェーンを構築しました。

A.P. Moller-Maersk社は、パイロットユーザーとして当プラットフォームを活用することで、ブロックチェーン技術の発展に貢献しました。このプラットフォームを拡張し、海上保険業務全体へ適用する予定です。

A.P. Moller-Maersk社のリスク・保険責任者のLars Henneberg氏は次のように述べています。
「我々のビジョンは運輸業界と物流業界でのデジタル化を推進することです。保険業界での複雑な手作業や非効率な業務を解決できる価値が、このプラットフォームにはあると考えます。世界中に所有する50隻のコンテナ船の運営では、海上保険業務に多くのリソースが必要です。新しいプラットフォームに移行することで、手作業の自動化を支援し、これまでの海上保険業務での非効率性やフリクショナル・コストを削減します。」

EYの保険業界担当グローバルリーダーShaun Crawfordは以下のように述べています。
「関係する各業界における著名な企業が協力し、保険業界において、真のエンドツーエンドのブロックチェーン・プラットフォームが稼働したことを誇りに思います。本取組のプロジェクトチームにおける、すべての参加者が、意欲的なマイルストーンを達成するために、ハードなスケジュールをこなしてきました。概念実証(PoC)から、わずか1年で、顧客にご提供できるプラットフォームを商用化できたことは素晴らしいと思います。」

“Insurwave”の最初の展開は、海上保険に焦点を当てており、EY、Guardtime社とMicrosoft社は海上貨物、グローバルロジスティクス、航空、エネルギー等、他のビジネス分野での保険業務に、順次、展開する予定です。
Guardtime社のCEOであるMike Gault氏は次のように述べています。

「私たちは、1年間にわたる、EYとの機能検証から商用化に至る一連のプラットフォーム構築作業を誇りに思っています。保険業界だけでなく、ブロックチェーン技術にとっても重大なマイルストーンであり、真の価値を顧客企業に提供できることを証明することができました。」

「業界関係者からは、ブロックチェーンは保険業界を変革させる」との声
保険業界における情報交換技術の普及を推進する非営利団体ACORDのプレジデント兼CEOのBill Pieroniは次のように述べています。
「本ソリューションは、保険業界の真の改革を表し、ブロックチェーンが我々の業界に変化をもたらすことを証明しています。我々は、すべての保険業界に関わる組織に対して、そしてそれらが構成する業界バリューチェーンを変革する取組みに参加していることを嬉しく思います。」

MS Amlin社のストラテジーとイノベーションのディレクター Paul Taffinder氏は次のように述べています。
「MS Amlin社は長い間革新の文化を守りながら、新しい技術に投資してきました。我々の使命として、我々が顧客へのよりより提案が可能になるよう、新しいやり方を模索し続けています。海上保険のブロックチェーン・プラットフォームの商用化の成功は、この革新的な技術が保険業界にてポジティブな変化を推進するための具体的な事例です。」

Microsoft社のAzureブロックチェーンエンジニアリング担当ゼネラルマネジャー、Matthew Kerner氏は次のように述べています:
「ブロックチェーンは、複雑なプロセスの業務を効率化し、企業間取引の新しい可能性を提示しています。Microsoft社はEY、Guardtime社、Maersk社、海上保険業界のリーダーと協力して本プラットフォームがAzure環境で稼働したことに興奮しており、ブロックチェーンのエンタープライズビジネスにおける価値を証明しました。」

Willis Towers Watson GB社の CEOであるAlastair Swift氏は次のように述べています。
「私たちが、保険業界へ変革をもたらす可能性のある、ブロックチェーン活用の最前線にいることを大変光栄に思っています。これはブロックチェーンを活用した初の商用化された保険取引であり、取引プロセスを簡略化し合理化し、顧客への付加価値を提供します。これは業界の大きな変革であり、すべての関係者およびブローカーが、顧客へのトランザクションの効率化とイノベーションを向上させるためには、ブロックチェーンを活用するべきだと強く信じています。」

XL Catlin社のCIOであるMartin Henley氏は次のように述べています。
「本ブロックチェーンを使用することで、保険のバリューチェーンに関わるすべての関係者を1つのプラットフォームに初めて集めることができました。 将来的には、IoTとスマートコントラクトを活用することで、契約ポリシーは自動的に更新されます。この技術の組み合わせは、保険金請求時の迅速な評価と支払も可能とします。 本プラットフォームが稼働したことで、他の保険業務にも展開する準備が整いました。」

EYの保険業界におけるブロックチェーン活用については、以下弊社Webサイトよりご覧ください。(英語版のみ) 
ey.com/insurance_blockchain

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈EY Japanについて〉
EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社などから構成されています。各メンバーファームは法的に独立した法人です。詳しくはwww.eyjapan.jpをご覧ください。
〈EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつ
グローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisory/ をご覧ください。

〈EYのグローバル・インシュアランス・セクターについて〉
保険業界各社は、リスク管理アプローチ、事業および財務報告の実務に取り組み、より複雑な規制上の問題に対処しなければなりません。 EYのグローバル・インシュアランス・セクターは、保証、税務、取引およびアドバイザリー・サービスを提供するのに深い経験を持つチームであり、貴社が成功をおさめるための世界的な専門家チームを構成しています。セクターチームは、市場の動向を予測し、その影響を特定し、業界がとりくむ課題をとりまとめます。これらによって、貴社の目標を達成し、より効果的なビジネスを支援することが可能です。

〈About Guardtime〉
Guardtime is the world’s largest blockchain company by revenue, headcount and production customer deployments. The company was founded in 2007 in Estonia and has since expanded to Europe, the Middle East, Asia-Pacific and the Americas. Guardtime federal was established in 2014 to exclusively support the cyber security and related security requirements for the US Defense Department, the US Intelligence Community, other US government departments and industrial communities supporting these US state capabilities. Guardtime Federal conforms to the federal regulations to assure government customers of compliance with US security objectives. This guarantees issues such as FOCI have been successfully mitigated ensuring protection against inappropriate disclosure of export controlled, OPSEC sensitive and classified information. The Guardtime technology stack is optimized for solving problems in enterprise with solutions developed for GDPR compliance as services, physical anti-counterfeit, digital content management, critical infrastructure protection and healthcare interoperability.

〈About the industry participants〉
A. P. Møller-Maersk A/S — a major multinational shipping company; ACORD — an international insurance industry data standards body; Microsoft — Microsoft (Nasdaq “MSFT” @microsoft), the leading platform and productivity company for the mobile-first, cloud-first world, and its mission is to empower every person and every organization on the planet to achieve more; MS Amlin — a specialty insurer operating in 25 locations globally; Willis Towers Watson – a global advisory, broking and solutions company with more than 40,000 employees; XL Catlin – The XL Catlin insurance companies offer property, casualty, professional, financial lines & specialty insurance products globally.

※本プレスリリースは、2018年5月25日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。詳細は、以下の英語版をご覧ください。

英語版リリース:http://www.ey.com/gl/en/newsroom/news-releases/news-ey-worlds-first-blockchain-platform-for-marine-insurance-now-in-commercial-use

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ