プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

『ダイアログ・イン・サイレンス(DIALOGUE IN SILENCE) 2018』を開催します

2018年6月1日

一般社団法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

言葉の壁を超えて対話を楽しむ、不思議なエンターテイメント!
『ダイアログ・イン・サイレンス(DIALOGUE IN SILENCE) 2018』を開催します
~昨夏、日本初開催で3,500名が体験し、大好評~

一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティは、聴覚障害者の案内により、音のない世界で言葉の壁を超えた対話を楽しむエンターテイメント「ダイアログ・イン・サイレンス(DIALOGUE IN SILENCE) 2018」を、夏休み期間の7月29日(日)から8月26日(日)まで、新宿「LUMINE 0(ルミネゼロ)」で開催いたします。

昨年夏に日本ではじめて開催され、約3,500名が体験。体験した方々からは「世界中の人と話せる!?気がします」「最初は音のない世界だったのに、あら不思議、いろんな声、笑い声などなど聞こえてきました」「対話も会話も音じゃなく心でするもの」「普段、子どもの声を聞いているようで聞いていなかったかも」と日常のコミュニケーションに関して多くの発見をしていただきました。
また、体験者の9割以上が「他の人にも薦めたい」と回答。今後、訪日旅行者が増大するとともに、共生社会の実現に向けたさまざまな取り組みが進む中、このプログラムが言語、国籍、性別、障害の有無などを超えたコミュニケーションの新たなヒントになることを期待しています。
2回目となる今回は内容をさらにパワーアップさせ、席数を増やして開催いたします!

■「ダイアログ・イン・サイレンス(DIALOGUE IN SILENCE)」とは

音のない世界で、言葉の壁を超えた対話を楽しむエンターテイメント、
それがダイアログ・イン・サイレンス。
体験を案内するのは、音声に頼らず対話をする達人、聴覚障害者のアテンドです。
参加者は、音を遮断するヘッドセットを装着。
静寂の中で、集中力、観察力、表現力を高め、解放感のある自由を体験します。
そしてボディーランゲージなど、音や声を出さず、
互いにコミュニケーションをとる方法を発見していきます。
たとえ母国語の異なる人であっても、想像以上の交流が深まります。
1998年にドイツで開催されて以降、フランス、イスラエル、メキシコ、トルコ、中国でも開催。
これまで世界で100万人以上が体験、日本では昨年夏に初開催しました。

体験者は、ダイアログ・イン・サイレンスの特別な仕掛けと、表情やボディーランゲージのエキスパートである聴覚障害者のアテンドの案内により、知らぬ間にコミュニケーション能力が引き出され、これまで体験したことのない、新たな対話のかたちを楽しむことができます。
私たちの「おもてなしの心」を育み、ホスピタリティを高める体験ともなるエンターテイメント、
ぜひご注目ください。

発案者:Orna Cohen(オーナ・コーヘン), Andreas Heinecke(アンドレアス・ハイネッケ)
(Dialogue Social Enterprise ダイアログ・ソーシャル・エンタープライズ)
総合プロデューサー:
志村季世恵(バースセラピスト、一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表理事)
志村真介(ダイアログ・イン・ザ・ダーク代表)

■「ダイアログ・イン・サイレンス(DIALOGUE IN SILENCE) 2018」開催概要

【開催期間】2018 年7月29日(日)~8月26日(日)29日間(予定)
【開催時間】11 時~19 時半スタートの回まで一日20 回開催予定(体験時間:約90 分)
【開催場所】LUMINE 0 NEWoMan新宿 5F
【参加費(事前予約制)】大人 4,500円  大学生 3,000円 小・中・高校生 2,000 円
※6月1日にサイトオープン、6月6日よりご予約スタート!
 https://www.dialogue-in-silence.jp/

 主催:一般社団法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ
 協賛:日本たばこ産業株式会社、オーティコン補聴器
 会場協力:LUMINE 0
 特別協力:東日本旅客鉄道株式会社
 後援:厚生労働省、東京都、一般財団法人全日本ろうあ連盟
 後援/Official RADIO:J-WAVE 81.3FM
 助成:アーツカウンシル東京
 制作協力:サンジェルマン株式会社

■FMラジオ J-WAVE(81.3FM)で特別番組「サイレントラジオ」を放送!
ラジオ番組とあわせて、J-WAVEの公式YouTubeチャンネル「J-WAVE CHANNEL」で放送内容の
手話通訳同時配信を行います。耳だけでなく、瞳でもラジオを「聴く」、新しい試みです!
放送日:7月29日(日)22時00分~22時54分

【主催団体】
一般社団法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ
東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7番15号  ザ・パークレックス日本橋馬喰町3階 
一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティは、ドイツ本部より日本で唯一「ダイアログ・イン・サイレンス」「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」「ダイアログ・ウィズ・タイム」のライセンスを受けています。

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」:
全に光を遮断した“純度100%”の暗闇の中を、視覚障害者のアテンドによりグループを組んで体験するソーシャルエンターテインメント。1988年、ドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれ、これまで世界41カ国以上で開催、800万人を超える人が体験。日本では1999年11月の初開催以降、現在は東京「Tokyo Diversity Lab.」と大阪「対話のある家」を中心に、これまで約20万人以上が体験している。

「ダイアログ・ウィズ・タイム」:
70歳以上のファシリテーターとともに、世代を超えた参加者たちが様々なゲームやプログラムを体験し、対話していくことで、
年齢を重ねることへの新たな可能性に気付いていくエンターテインメント。日本では2017年春、1日限定で初開催。

2017年開催「顔の部屋」での体験の様子
2017年開催「パネルの部屋」での体験の様子
ダイアログ・イン・サイレンス(DIALOGUE IN SILENCE)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ