プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」オープン

2018/6/1

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

■リゾートエリアでファミリーから一人旅まで多様なニーズに応えるホテル
「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」オープン

 大和ハウス工業(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2018年6月1日、沖縄県北谷町において、宿泊客の多様なニーズに対応するホテル「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」をオープンします。
 「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」は、沖縄県内でも有数の大規模商業エリア「美浜アメリカンビレッジ」や、夕日の美しい「北谷サンセットビーチ」があり、ショッピング・グルメ・マリンアクティビティなどが充実した美浜地区に開業するホテルです。
 総客室数139室のうち約70%を3名以上で泊まれる部屋とし、ファミリーや友人同士などでの大人数の宿泊を中心にしながらも、ドミトリータイプの客室も設け、一人旅のお客様にも快適な空間を提供します。
 また、1階には肉料理を中心としたビュッフェ形式のレストラン「ALLY’S Steak & Buffet(アリーズ ステーキ&ビュッフェ)」や、初心者から本格派の方まで、プロのスタッフが案内するダイビングショップ「GopherDive(ゴフェルダイブ)」を設け、充実した滞在をサポートします。

1.大人数でも長期滞在でも満足いただける客室構成
 「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」では、ご家族・ご友人などでの利用を中心に考え、二段ベッドを導入し5名利用が可能な「ファミリークイーンルーム」や、2室をつなげて最大7名でご利用いただける「コネクトルーム」(※1)など、全10タイプの客室を設け、大人数での宿泊にも対応します。
 また、畳敷きでくつろげる「TATAMIツイン」やキッチン付きで長期滞在に便利な「ユーティリティツイン」など、多様な宿泊ニーズにお応えできる客室を用意するとともに、全客室に(※2)バス・トイレ別、洗い場付きの浴室を設けるなど使い勝手にも配慮しました。
※1.ファミリークイーンルームとコンフォートツインをつなげて利用可能です。
※2.ユニバーサルルームとドミトリールームを除く。

2.一人旅でも手軽に利用できる「ドミトリールーム」
 「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」では、おひとりの宿泊でも手軽に利用いただけるよう、一室最大8名でシェアする「ドミトリールーム」を全7室56ベッド設けました。(※3)
 国内旅行の中でも人気が高く、一人旅での訪問も多い沖縄で、宿泊コストを抑えて観光やグルメを満喫できるよう、低価格のドミトリータイプを採用しました。
 また、8名での貸切利用も可能で、学生などの大人数での旅行にも活用いただけます。
※3.個別利用は男女別室となります。

●施設概要
施設名称:「ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷」
所在地:沖縄県中頭郡北谷町美浜25-3
交通:那覇空港より国道58号線を名護方面に約45分
構造・階数:鉄筋コンクリート造5階建て
敷地面積:4,776.00㎡
建築面積:1,345.59㎡
延床面積:5,707.96㎡
総客室数:139室(ホテルフロア132室、ホステルフロア7室56ベッド)
着工:2017年4月25日
竣工:2018年3月31日
営業開始:2018年6月1日
設計・施工:設計:大和ハウス工業株式会社、施工:株式会社東江建設
ホテル経営:大和リビングステイ株式会社
ホテル運営:ABアコモ株式会社

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ