プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人大正大学

3つの新たな知見と社会で役立つ力を身につける科目全学部横断型「大正大学チャレンジプログラム」スタート

20180531

学校法人 大正大学

3つの新たな知見と社会で役立つ実践力を身につける科目
全学部横断型「大正大学チャレンジプログラム」スタート
仏教文化・発信/ビジネス・マネジメント/コミュニティ

■大正大学チャレンジプログラム
大正大は、1926年の創立以来、人間が社会を営むための「智」を育んできた大学です。そして、現在も「人間の探究」(智慧)と「人を幸福にするための社会の実現」(慈悲)に向けて取り組んでいます。2018年度より新しい「智」を拓き、学際的な能力を身につけるため「大正大学チャレンジプログラム」を立ち上げました。学生は、自分が所属する学部・学科・コースの学生だけでなく、他学部・学科・コースの学生と一緒に学ぶことで、新たな視野と人間関係が広がります。アクティブラーニングで培った主体性や協働性を発揮することによって、個人の能力を高め、ともに生きる社会の実現に取組むことができます。今年度は3つのプログラムで構成されており、現代社会に必要な知的能力を養い、将来の進路、就職の幅がさらに広がります。

■基本構成
メンター教員の指導のもと、プログラムのベースとなる「基幹科目」を学習し、履修指導を受けることで、効果的な学びのマネジメントが可能になります。そして、プログラムに応じたいくつかの選択科目を履修します。プログラムによっては、より高度な知識やスキルを身につけるための「応用科目」を履修します。また、大学の長期休暇などを利用した「集中科目」で普段は学ぶことのできない実地調査などのフィールドワークを行います。
履修年次 2~4年次
習得単位 10~16単位(卒業単位に加えることができます)

■3つのプログラム
①仏教文化・発信プログラム
仏教学部や文学部の学びを軸に置きながら、「仏教と文化」を学際的に捉え探究します。学生自身の所属学科・コースの視点から「仏教と文化」を捉え直し、効果的なプレゼンテーションの手法を身につけ、学習成果を社会に発信します。仏教や文化への深い理解と情報発信能力を養います。

②ビジネス・マネジメントプログラム
現代社会において必要とされるビジネスやマネジメントの基礎や考え方を学び、各々のフィールドで応用できる能力を養います。経営学やビジネス関連の科目を履修することで、現代ビジネスの最前線の取り組みを理解し、さまざまな課題を解決するうえで必要な分析力や発想力を養います。

③コミュニティプログラム
大学での学びを活かし、地域との連携の在り方を住民・行政・商店街の人々ともに考え、実行していく地域貢献型のプログラムです。人と社会の関係性に配慮しながら、学内イベントの盆踊りや商品開発などをプロデュースすることで、協働力や企画運営力を身につけ、コミュニティを活性化する視点や能力を養います

授業の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ