プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

京都外国語大学

世界大会で特別賞 新たなeラーニング支援アプリを共同開発

2018年5月30日

京都外国語大学・京都外国語短期大学

世界大会で特別賞
新たなeラーニング支援アプリを共同開発

 京都外国語大学の石川保茂教授(外国語学部・英米語学科)らが開発したeラーニング支援アプリケーション「MALO」が、世界大会「IMS Global Learning Impact Awards 2018」で特別賞を受賞。5月24日(木)[現地時間]、米国メリーランド州で開かれた表彰式に出席しました。
 IMS Global Learning Impact Awardsとは、世界をリードする非営利団体のIMS Global Learning Consortiumが主催する表彰で、テクノロジーの教育利用において多大な貢献のあった優れた事案を表彰するものです。
 今回開発された「MALO」は、eラーニングの促進を目的に、①スマートフォンやタブレットにも対応②利用者間のメッセージ送受信や、知らない単語を登録できる単語帳機能が付加されています。約1年間の効果検証では、授業外で複数の学生による協調学習が進んだことが確認されました。
 石川教授は「特別賞を受賞できたことは大変うれしい。この受賞を励みに、授業内外で学生と教員が学び合う学習環境充実にさらに寄与したい」と語りました。

●IMS Global Learning Impact Awards 2018について
 日  時 : 2018年5月24日(木)
 場  所 : 米国・メリーランド州
 主  催 : IMS Global Learning Consortium

●共同研究メンバー
・京都外国語大学(研究代表機関)
 石川 保茂 教授(外国語学部 英米語学科)
 クレイグ・スミス 教授(外国語学部 国際教養学科)
 村上 正行 教授(外国語学部 教養教育)
 近藤 睦美 准教授(外国語学部 英米語学科)
・京都工芸繊維大学
 坪田 康准 教授(基盤科学系)
・株式会社内田洋行
・株式会社インフィニテック

IMS Global Learning Impact Awards 2018
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ